ポストコロナの投資はいかにあるべきか

金融市場と実体経済の乖離、U字型景気回復の実現、論理的な判断に基づく投資再配分ー不確実なポストコロナ時代のポートフォリオをいかに考えるべきかについて、フォーラムで議論されたインサイトを2回に分けてご紹介します。

投資・トレーディング

欧州の銀行、ポストコロナの在宅勤務を本格的に検討

オフィスビルの近代化が始まって以来ほぼ初めて、企業文化が変わろうとしています。未来のオフィスは場所というよりも、さまざまな場所へアクセスするためのネットワークとなるかもしれません。

リスク・規制

ニューノーマル下のLIBOR移行:不可欠なデータとテクノロジー

複雑なプライシングやリスク計測のためにさまざまなデータを収集、活用できるようにすることが、LIBOR移行作業には必要不可欠です。「LIBOR移行は、データやテクノロジーの活用、顧客に商品やサービスを提供する方法を企業側が抜本的に見直すきっかけとなる」とブルームバーグのBing Li は述べています。

データ&テックオペレーション

今後、ESG投資が金投資より優勢となる理由

環境にやさしいグリーン景気刺激策や新型コロナウイルス感染症ワクチン開発実現の可能性の高まりで、ESG関連株の上場投資信託(ESG ETF)がゴールドより優勢となるのは時間の問題かもしれません。

サステナビリティ

金融セクター、テクノロジー開発競争が加速

パンデミックの影響で、テクノロジー開発競争が加速。膨大なデータから価値ある情報を読み取り、データドリブンの事業を推進できるコスト効率の高い新テクノロジーを導入が始まっています。

データ&テックオペレーション

デジタルバンキングへのシフトに拍車:ニューノーマル

パンデミックは消費者行動を変容させ、欧州の銀行ではデジタライゼーションが加速することになりそうです。

リスク・規制

新型コロナウイルスがLIBOR移行準備に及ぼす影響

新型コロナウイルスのパンデミックはLIBOR廃止の期限にどう影響するか、公表停止前トリガーのメリットと課題など、LIBOR移行に関する業界の主要な懸念について解説しています。

リスク・規制

ゴールド・シルバー・レシオは株式市場の指標となるか

新型コロナウイルスの影響による中南米の鉱山閉鎖や、リスクオフの投資家心理による金価格の高騰が相まって、近ごろ銀が「安全資産」もしくは投資妙味が高い資産とされています。

投資・トレーディング

ジェンダー:取締役会のダイバーシティ戦略が欧米でリターンに寄与する可能性  

欧州では、女性取締役の比率などジェンダーダイバーシティ指標がトップクラスの企業を重視することでポートフォリオの運用実績が上がる可能性があります。

サステナビリティ