LIBOR急落で6700億ドルCLO市場に大混乱リスク

金利の急激な低下がローン担保証券(CLO)市場に混乱を引き起こしており、最終的にはCLOのステークホルダー間の対立につながる可能性があると専門家は見ています。問題の一番の原因はロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の急落です。

リスク・規制

FRTB最終規則、遵守への課題:Part 3

FRTB規制の最終規則が公表され、バトンはバーゼル委員会から各国・地域の規制当局に渡されました。次は各国・地域が規則の法制化を図ります。FRTB規制は複雑ですが明確に規定された規則です。それでも国・地域によって解釈に差が出る可能性があります。1つの問題は、適用時期に差が出る可能性があることです。

リスク・規制

FRTB最終規則、遵守への課題:Part 2

FRTB規制適用開始が刻々と迫っています。銀行はマーケットリスクの最低所要自己資本に関する枠組みをおおむね有しており、対応は可能と考えられます。

リスク・規制

英国のEU離脱によりEUがMiFID修正の動き

英国の影響から解放された欧州当局は、EU離脱で混乱するシティ・オブ・ロンドンを弱体化させるべく攻勢に出ようとしています。

リスク・規制

今すぐ始めるべきLIBOR廃止への備え

LIBOR切り替え計画を決して先延ばしせず、先手、先手を打って実行していくことが最も堅実な対応方針です。

投資&トレーディング

LIBOR移行に関するQ&A

LIBORからリスクフリーレート(RFR)への移行過程で市場参加者が直面する課題と、フォールバックレート導入に影響を及ぼすと思われる要因について説明します。

リスク・規制

EUの新グリーンファイナンス規制:バイサイドに求められる変革とは

この規制で、EUの運用会社は、環境および社会リスクを投資および助言プロセスに組み込む手順、収益性への影響度の開示のほか、機関投資家がグリーン戦略を実行していると公表する場合には、その実行方法ならびに商品およびポートフォリオのサステナビリティまたは気候への影響度の開示を求められることになります。

投資&トレーディング

LIBORは危険な魅力をもつゾンビ?

廃止まであと2年余りとなっても、使い勝手の良さ、移行作業の複雑さ、長年の慣習などの理由から、LIBIORはまだ幅広く使用されています。廃止を保留すれば、LIBOR切り替えに対する市場のインセンティブは一層弱まり、予定通り廃止すれば、ドル、ユーロ、ポンドなどの巨額の金融契約が利息の支払に使用している参照金利がなくなってしまいます。

リスク・規制

レポ市場の混乱もLIBOR移行には明るい材料

9月の米レポ市場の混乱は、FRBがドルLIBORの代替として選択した担保付翌日物調達金利(SOFR)の有効性に多くの疑問を投げかける一方で、取引量の拡大という明るい材料も出現しました。

リスク・規制