バンカー1⼈のオフィス復帰に約200万円、ウイルス対策費⽤膨らむ

3カ⽉のロックダウン(都市封鎖)を経て、ウォール街はオフィス復帰の準備を整えつつある。だが、新型コロナウイルスを寄せ付けない安全な職場環境の維持は、安くは済まない。

企業

LIBOR廃止への準備を進める金融機関、一部期限の延長期待も

運用面でも技術面でも順調に対応が進んでいるとの回答が大方を占める一方で、約15%がLIBOR廃止日に何らかの猶予がほしいと回答。2021年末のLIBOR廃止期限に向けて、監督当局はスケジュールを変更していません。

リスク・規制

パンデミックでLIBORフォールバックのコストが上昇する可能性

新型コロナウイルス流行によるロックダウンの影響で移行コストの増加に直面する可能性があります。

リスク・規制

「ニュー・アブノーマル」―異常な環境下における流動性分析

現在の混乱は我々が過去に経験したことがないものであるため、過去のシナリオに頼るのではなく、刻々と変化する足元の市場環境を注視することが重要です。

リスク・規制

LIBOR移行をめぐり企業と規制当局が対決の舞台へ

多くの企業は一世代に一度あるかないかのパンデミック(世界的大流行)に見舞われ、今年は何兆ドルもの融資、債券、デリバティブの基準となっている参照金利を移行することに、すでに見切りを付けているとしています。

リスク・規制

新型コロナ関連リスク:サプライチェーンの可視化と分析方法

強烈で前例のないインパクトは表面化し始めたばかりで、世界中の企業の業務形態に及ぼす影響は広範にわたり、その大きさは測り知れません。

データ&テックオペレーション

LIBOR急落で6700億ドルCLO市場に大混乱リスク

金利の急激な低下がローン担保証券(CLO)市場に混乱を引き起こしており、最終的にはCLOのステークホルダー間の対立につながる可能性があると専門家は見ています。問題の一番の原因はロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の急落です。

リスク・規制

FRTB最終規則、遵守への課題:Part 3

FRTB規制の最終規則が公表され、バトンはバーゼル委員会から各国・地域の規制当局に渡されました。次は各国・地域が規則の法制化を図ります。FRTB規制は複雑ですが明確に規定された規則です。それでも国・地域によって解釈に差が出る可能性があります。1つの問題は、適用時期に差が出る可能性があることです。

リスク・規制

FRTB最終規則、遵守への課題:Part 2

FRTB規制適用開始が刻々と迫っています。銀行はマーケットリスクの最低所要自己資本に関する枠組みをおおむね有しており、対応は可能と考えられます。

リスク・規制