不確実な世界で信用リスクをとらえる代替的視点

コロナ禍が引き起こした市場混乱期においてブルームバーグのデフォルトリスク(DRSK)モデルがどう機能していたかを分析したところ、さまざまな知見をもたらす興味深い結果が得られました。

リスク・規制

世界の当局が公表停止日を発表、LIBOR「最終章」に

規制当局は銀行に対してロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の公表停止に備えるよう通達を送り、何十年にもわたって国際金融システムで中心的な役割を果たしてきたLIBORの最終カウントダウンが始まりました。

リスク・規制

債券の清算コストは高止まりか

2020年3月にパンデミックで市場に混乱が生じて以来、取引戦略の執行には欠かせない「流動性」に関するリスク指標が再びスポットライトを浴びています。未曾有(みぞう)の事態における市場への影響を十分把握するため、受賞歴もあるブルームバーグの流動性評価(LQA)機能を使用して、2020年の債券市場の流動性を分析してみました。

リスク・規制

LIBORにリンクしたデリバティブの残存額はいまだ200兆ドル

国際決済銀行によれば、全世界でドルLIBORにリンクされた金融契約の残存額は200兆ドル以上あり、そのほとんどがデリバティブ契約となっています。

リスク・規制

LIBOR廃止が迫る中、銀行は対応に苦慮

大規模な契約の修正や、信用リスク調整のためのスプレッド計算には時間がかかりますが、廃止の時は刻一刻と近づきつつあります。

リスク・規制

ブルームバーグの流動性リスク分析ツールが 2 年連続で受賞: Market Liquidity Risk Product of the Year

ブルームバーグは、このたび、Risk.net Markets Technology AwardのMarket Liquidity Risk Product of the Year 2021を受賞しました。ブルームバーグの流動性リスク分析(LQA)ツールが本賞を受賞するのは2年連続です。

リスク・規制

ISDA IBORフォールバック条項、プロトコルが発効

主要な銀行間取引金利(IBOR)にリンクしたデリバティブに適用されるフォールバック条項が2021年1月25日に発効しました。

リスク・規制

FRTB最後の課題、債券ファンドの取り扱い

FRTBの適用期限が近づきつつあります。銀行が直面する具体的な課題をより深く理解するために、本稿ではFRTBによる資本賦課に対応するための債券ファンドのモデル化で生じる主な課題を見ていきます。

リスク・規制

温暖化ガス排出量「実質ゼロ」目標に不可欠な基準の確立

世界最大手の企業の多くは、温暖化ガスの100%削減か、あるいはオフセットを掲げていますが、目標の信頼性と正当性を高めるためには、基準を確立することが不可欠です。実質ゼロ目標を分析・設定するための指針となるブルームバーグNEFのリポートの概要です。

サステナブルファイナンス