EUタクソノミー:何をいつ報告するのか?知っておくべきタイミング

この数カ月間でEUから数多くのESG開示に関する規制が新たに発表されています。これを受け、さまざまな要件やスケジュールに困惑したとしても無理はありません。ここでは、何をいつ報告する必要があるかについて、知っておくべきことを簡単にわかりやすく説明します。

リスク・規制

4つのチャートで読む中国恒大危機:ブルームバーグ・インテリジェンス

中国恒大の流動性問題は、香港の銀行が7月に建設中の住宅に対する住宅ローンの提供を中止したことで、住宅の買い手と銀行によって引き起こされました。現在問題となっている債務危機について、ブルームバーグ・インテリジェンスのアナリストが4つのチャートで説明します。

リスク・規制

グリーンウォッシング、監視の強化進む

「ESG」を銘打った投資ファンドを販売する運用会社に対し、その金融商品が本当にESG投資なのかを証明しなければならないという圧力が高まっています。

サステナブルファイナンス

LIBOR移行:財務担当のための3ステップ

LIBORに連動する金融商品の総額は200兆ドルを超えます。移行が最終章に近づく中、プロセスを簡素化するために、以下の3ステップを財務担当者の方にお勧めします。

リスク・規制

LIBORからの移行に伴うリスク

世界で最も広く利用されている短期金利のベンチマークであるLIBOR(ロンドン銀行間取引金利)が、2021年末に、また一部の米ドル建て設定では2023年6月30日に廃止されることになり、銀行は過去数十年で最大の規制上の課題に直面しています。

リスク・規制

LIBOR移行 専門家の見解:LCH Philip Whitehurst 氏 

「担保付翌日物調達金利(SOFR)、ポンド翌日物平均金利(SONIA)、スイス翌日物平均金利(SARON)、無担保コールO/N物レート(TONAR)の清算額は、全体として増加傾向にあると言ってよいでしょう」LCH金利デリバティブサービス開発ヘッド Whitehurst氏が、LIBORベースのデリバティブの将来の清算適格性、FRBが発出したLIBORベース金融契約の今後の取り扱いに関するガイダンス、RFRへの移行作業をまだ開始していない企業に対する助言について話してくれました。

リスク・規制

LIBOR移行 専門家の見解:ブラックロック Maria Daniels 氏

「目的、タイムスケール、許容範囲を定義した明確な計画を立てることが最も重要です」ブラックロック シニアLDI Core PM & LDI LIBOR移行プログラム責任者 Maria Daniels氏が、ポンド翌日物平均金利(SONIA)への移行に関する自身の経験、SONIAデリバティブの流動性と取引コスト、まだ移行を開始していない企業にとっての最大の障害について語ってくれました。

リスク・規制

LIBOR移行 専門家の見解:J.P.モルガン Kari Hallgrimsson 氏

「移行に必要なインフラを整備する必要があります。直前になって慌てて移行作業に取り組むといった事態は避けなければなりません」J.P.モルガンマネージングディレクター兼EMEA金利取引共同責任者 Hallgrimsson氏が、FCAのLIBOR停止声明がデリバティブの流動性に及ぼす影響、SOFR取引増加のメリット、RFRへの移行作業をまだ開始していない企業に対する助言について話してくれました。

リスク・規制

新しい気候変動スコアに関するQ&A:脱酸素化に向けた企業の取り組みを評価

ブルームバーグの新しい気候変動スコアの背景にある考え方をQ&A形式で解説します。気候変動スコアモデルが必要とされる理由、他のESG指標と異なる点、データソース、そして今後ESG情報開示が強化される可能性は?

サステナブルファイナンス