温暖化ガス排出量「実質ゼロ」目標に不可欠な基準の確立

世界最大手の企業の多くは、温暖化ガスの100%削減か、あるいはオフセットを掲げていますが、目標の信頼性と正当性を高めるためには、基準を確立することが不可欠です。実質ゼロ目標を分析・設定するための指針となるブルームバーグNEFのリポートの概要です。

サステナブル投資

LIBOR移行に金融業界が頭を悩ませる理由

LIBOR廃止を宣言することは簡単ですが、それを実現させるには多くの困難が伴います。期限が2021年末に迫る中、金融業界は住宅ローンやクレジットカードからデリバティブに至るまで数百兆ドルに上る金融契約の修正に追われています。

リスク・規制

LIBOR移行で金融機関はスワップ市場から締め出しも:CFTC会長が警告

多くの運用会社が金利スワップ市場から締め出されるリスクがあり、それを避けるには各社が円滑なLIBOR移行を促す新たなプロトコルを採用する必要がある、と警告されています。

リスク・規制

LIBOR廃止、2023年半ばまで延期の可能性

不正操作問題で信用を失ったドルLIBOR(ロンドン銀行間取引金利)を運営するICEベンチマーク・アドミニストレーション(IBA)は、ドルLIBORの一部の廃止を1年半先延ばしすることを検討しています。

リスク・規制

Know your funds:成長を加速させるためのデータ・リスク戦略

金融機関がファンドへのエクスポージャーを増加、ますます厳格化するリスク・規制要件に対応する際に、ファンドに関連したデータやテクノロジーに関する課題に直面しています。

リスク・規制

プライベート・エクイティとヘッジファンドのリスク評価

オルタナティブ戦略へのエクスポージャーが増える一方で、リターンの見通しは以前に比べてかなり不透明になっています。

投資・トレーディング

ESGの変革:グローバル標準に向けたロードマップ

ESG投資の拡大とともに、サステナブル・ファイナンスのグローバル標準を確立する必要性が高まっています。市場をより持続可能な長期目標に導きつつ、投資家のためにリスクを減らし透明性を高めるという取り組みにおいて、規制当局が重要な役割を果たしています。

サステナブル投資

LIBOR移行は米地銀にとって2000年問題の再来のようになるのか

2021年にはLIBORが廃止される予定ですが、米国の地方銀行では、リスクフリーの担保付翌日物調達金利(SOFR)と銀行の調達コストとの間のミスマッチが貸出において問題となる可能性があります。

リスク・規制

コンプライアンス維持で必要な多言語対応ー絵文字やスラングも

金融プロフェッショナルは、スラングや絵文字を含む複数の言語でコミュニケーションを取ります。企業はそうした他の言語においてもコンプライアンスを順守する必要があります。

リスク・規制