EUタクソノミー:世界のサステナブル投資に影響?

欧州委員会が設置したサステナブルファイナンスに関するテクニカル・エキスパート・グループ(TEG)は、低カーボン投資促進に向けた市場の動きを加速する環境を構築するため、サステナブル活動の分類基準をまとめました。それが、気候変動緩和および気候変動適応のためのEUタクソノミーです。

リスク・規制

LIBOR廃止に向けて準備を進めるウォールストリート

世界の規制当局が、LIBORは終わりの時を迎えつつあると警告を発しており、残された選択肢は終わりに備えることのみです。

リスク・規制

トランジションボンドでブラウン企業がグリーンに変わるかも?

トランジションボンドと呼ばれる新しいコンセプトに注目が集まっています。調達資金は、発行体が自社のビジネスをより環境にやさしい方向に転換するために使われます。「グリーン」の解釈が大幅に拡大されるため、削減されるべき汚染への対応が進むことが期待される一方で、投資家は透明性を要求しています。

企業

複数のLIBOR代替ベンチマークに対応を迫られるグローバル金融機関

各国・地域の規制当局はそれぞれ独自の代替金利の採用を並行して検討するなか、グローバル銀行はLIBORその他の銀行間金利に対する巨額のエクスポージャーをさまざまな通貨で抱えており、改革および移行に向けた膨大な量の複雑な作業に独自の努力を重ねています。

リスク・規制

LIBOR ベンチマーク金利移行の現状

英国の金融行為規制機構(FCA)は、LIBOR廃止へ向けたスケジュールが順調に進んでいるとして業界に警告を発しました。代替指標を確立しようとする動きが各国で進んでいますが、ベンチマークの移行は契約の再交渉、システムとインフラの更新、不確実性リスクの管理コストの問題等、極めて繁雑な作業が広範囲にわたって想定されています。期限が近付く中、業界はLIBORから離れるリスクとLIBORを使い続けるリスクの双方に直面しています。

リスク・規制

LIBOR:不正に染まらない後継を探す長い道のり

数年後には、歴史の遺物となるであろうLIBOR。しかし370兆ドルを超える金融契約がLIBORを参照しているため、すぐに廃止ということができず、金融界の大きな頭痛の種となっています。どうすれば市場の混乱を最小限に抑えつつ信頼性と透明性に勝る代替ベンチマークに移行できるのでしょう。

リスク・規制

新ベンチマークSOFRがアジアに及ぼす影響

アジア太平洋地域をはじめとして、世界各国・地域の中央銀行および規制当局は、業界関係者に対し、LIBORがない未来への移行の準備を始めるよう強く求めています。米ドル市場はアジアの金利市場に大きな影響を与えるため、アジアの市場関係者はSOFRの動向に注目しています。

リスク・規制

圧力が強まるアジア太平洋地域の規制報告基準

大規模な規制環境の変化に伴い、アジア太平洋地域の銀行はいっそう粒度の細かいデータを規制当局より求められるようになって来ています。データのシームレスな統合を始め、一貫したコンプライアンスに必要な自社の透明性基準を達成するために、戦略的な自動化技術、いわゆるRegTechへの投資が加速しそうです。

リスク・規制

LIBORを参照したデリバティブ会計処理の行方

市場には多くの不確実性がありますが、草案の通りに行けば実務レベルの人々が抱えている問題の1つが解消するとされています。

リスク・規制