Research

商品市場は八方ふさがり、供給ショックと需要破壊で

商品市場には先走りすぎて自滅する危険がありますが、2022年には風説の流布が起きた2008年と似たようなリスクがある、とブルームバーグ・インテリジェンス(BI)ではみています。

投資・トレーディング

Article

データを活用してジェンダーバイアスに取り組む

新型コロナウイルスのパンデミック、社会変革を継続的に求める動き、そしてESG資産への大規模な資金流入が世界を取り巻く中、社会データとそれがもたらし得る変化には透明性や進歩が明確に求められています。

ESG & サステナブル・ファイナンス

Research

2022年、注目はロシア・ウクライナ情勢、商品インフレの動向

世界屈指の原油輸出国ロシアが、2022年初から世界でもトップクラスの穀物輸出国であるウクライナの国境付近に軍隊を集結させています。これを受け商品価格は高騰し、今年は相場の格言、「高値売り」が商品相場で有利に働く可能性があります。

投資・トレーディング

Article

パリ協定整合ベンチマークが注目を浴びる背景

パリ協定整合ベンチマーク(PAB)は、パリ協定に協調し続けるために必要な野心的な気候シナリオと脱酸素率の達成に関し、投資家が協調しているかどうかの透明性を向上させるのに役立つものです。

ESG & サステナブル・ファイナンス