環境に優しいETFは?

上半期に、再生可能エネルギーに特化したETFの長期的なパフォーマンスが市場をアウトパフォームしたことは、コスト低下により競争力が強化されたことの現れかもしれません。

トレーディング/投資

LIBOR移行に関するQ&A

LIBORからリスクフリーレート(RFR)への移行過程で市場参加者が直面する課題と、フォールバックレート導入に影響を及ぼすと思われる要因について説明します。

リスク・規制

責任投資を正確に評価するには

責任投資を正確に評価・比較するにはどうすればよいのでしょうか。投資対象や資本配分の決定にESG格付けが勘案されるようになってきましたが、リスクの軽減、投資パフォーマンス向上のガイドとして本当に役立つのか、議論が続いています。ESG格付けはいつ誰が、どのように、行っているのでしょうか。その規模や課題を探ります。

データ&テックオペレーション

財務担当がサステナブルファイナンスについて知っておくべきこと

ESGの価値を短期的・長期的に投資に組み込む投資家数の増加に伴い、急速に需要を拡大するグリーンファイナンス。自社に関して幅広く深い知識を持つ企業財務担当者は、サステナビリティの業務への統合を後押しし、会社の長期的成長・成功に向けた土台構築に貢献することができます。

トレーディング/投資

EUの新グリーンファイナンス規制:バイサイドに求められる変革とは

この規制で、EUの運用会社は、環境および社会リスクを投資および助言プロセスに組み込む手順、収益性への影響度の開示のほか、機関投資家がグリーン戦略を実行していると公表する場合には、その実行方法ならびに商品およびポートフォリオのサステナビリティまたは気候への影響度の開示を求められることになります。

トレーディング/投資

レポ市場の混乱もLIBOR移行には明るい材料

9月の米レポ市場の混乱は、FRBがドルLIBORの代替として選択した担保付翌日物調達金利(SOFR)の有効性に多くの疑問を投げかける一方で、取引量の拡大という明るい材料も出現しました。

リスク・規制

ECB、ベンチマーク短期金利の移行を開始

欧州中央銀行(ECB)は2019年10月2日、LIBORから新しい短期金利ベンチマーク(ESTR)への移行プロセスを正式にスタートさせました。新しい指標金利はユーロ圏銀行の翌日物借入コストをベースとするもので、10月1日はマイナス0.549%に設定されました。(ECB発表)

リスク・規制

それでもなおSOFRがLIBORの有力代替ベンチマークであり続ける理由

2019年9月、米担保付翌日物調達金利(SOFR)は大きく変動しましたが、なお最も現実的なLIBOR代替金利ベンチマークであると見られています。市場金利をベースとするベンチマークは一時的に大きく変動することがあるからです。

リスク・規制

サーキュラーエコノミーの世界では「調達、製造、利用、そして再利用」

気候変動と環境悪化への懸念を背景に、直線型に替わって、循環型経済(サーキュラーエコノミー)への支持が高まっています。廃棄物ゼロで新たな資源を全く必要としない完全なサーキュラーエコノミーを実現することは不可能ですが、システムから最大限の無駄を排除することで、新たな資源の投入を削減することは可能です。よりサーキュラー型のサプライチェーンへシフトし、リサイクルされた素材への切り替え、製品寿命の延長、寿命を終えた製品のリサイクル率の向上などが企業にも求められています。

企業