パフォーマンスの最適化のために「壁」を取り除く:一貫性がアセット・マネジメントで最も重要な理由

投資運用会社にとって、互換性のないアプリケーションや異なるデータビューは、テクノロジーが分断化されていれば、宝の持ち腐れになってしまいます。ところが、一貫性を持たせることでデータの集中化に成功し、自由に閲覧や利用ができる効率的なオペレーティング・モデルを構築することができれば、データは無限の機会を提供してくれるのです。

トレーディング/投資

SOFRの利用拡大で、LIBOR代替に関しては時間の問題か

米国では変動利付債のベンチマークに担保付翌日物調達金利(SOFR)が使われるようになり、LIBORの代替として受け入れられつつあります。先物取引の出来高も増加傾向にあることから、いずれは先物市場を通じたカーブの構築が可能となり、LIBORからの移行がよりスムーズになるでしょう。

リスク/規制

LIBOR:不正に染まらない後継を探す長い道のり

数年後には、歴史の遺物となるであろうLIBOR。しかし370兆ドルを超える金融契約がLIBORを参照しているため、すぐに廃止ということができず、金融界の大きな頭痛の種となっています。どうすれば市場の混乱を最小限に抑えつつ信頼性と透明性に勝る代替ベンチマークに移行できるのでしょう。

リスク/規制

新ベンチマークSOFRがアジアに及ぼす影響

アジア太平洋地域をはじめとして、世界各国・地域の中央銀行および規制当局は、業界関係者に対し、LIBORがない未来への移行の準備を始めるよう強く求めています。米ドル市場はアジアの金利市場に大きな影響を与えるため、アジアの市場関係者はSOFRの動向に注目しています。

リスク/規制

世界最悪の汚染国でサステナブル金融が成長

地球上で最も人口が多く、環境汚染大国である中国で、政府は野心的な環境汚染対策を打ち出し、中国人民銀行は、グリーン・ファイナンスの奨励を推進しています。現地富裕層投資家の74%が、次の10年でサステナブル投資が新たな標準になると予想しています。現地課題の解決は、二酸化炭素排出量の削減やサステナブルな農業の確立を目指す世界的な運動を大きく後押しすることにもなるという、追加的なメリットもあります。

トレーディング/投資

圧力が強まるアジア太平洋地域の規制報告基準

大規模な規制環境の変化に伴い、アジア太平洋地域の銀行はいっそう粒度の細かいデータを規制当局より求められるようになって来ています。データのシームレスな統合を始め、一貫したコンプライアンスに必要な自社の透明性基準を達成するために、戦略的な自動化技術、いわゆるRegTechへの投資が加速しそうです。

リスク/規制

ESG投資への需要とともに高まる高品質データの必要性

サステナブル投資は、主流となりつつある一方で、信頼性が高く一貫性を備えたESGデータの不足という課題に直面しています。サステナビリティを重視する投資家が以前のように外部からの推奨やESGスコアだけに頼ることはもはやなくなりました。

トレーディング/投資

LIBORを参照したデリバティブ会計処理の行方

市場には多くの不確実性がありますが、草案の通りに行けば実務レベルの人々が抱えている問題の1つが解消するとされています。

リスク/規制

サーバーレスクラウドは万人向けか

複数のサイトを運営する組織に最適なサーバーレスクラウド。主な利点としては、低コストと使いやすさ、実際に使用した分だけ料金を支払えばよいという追加プライシングオプションが挙げられています。

データ&テックオペレーション