自動車用半導体の在庫解消時期を分析、2022年4月に注目

半導体や自動車メーカー、自動車部品ティア1メーカーなどの自動車サプライチェーンにおける在庫問題は、2022年7-9月(3Q)頃には解消する見込みがあります。ブルームバーグ・インテリジェンスによる分析です。

データ&テックオペレーション

温室効果ガス排出量データで「ネットゼロ」目標に向けたレースが加速

気候変動のリスクを軽減するために私たちは何ができるのでしょうか。そして炭素排出量の正確な測定と報告はその中でどのように位置付けられるのでしょうか。

データ&テックオペレーション

グリーンウォッシング、監視の強化進む

「ESG」を銘打った投資ファンドを販売する運用会社に対し、その金融商品が本当にESG投資なのかを証明しなければならないという圧力が高まっています。

サステナブルファイナンス

ブルームバーグ・クエリ言語(BQL)を使ったインフレ環境下のポジション調整

今年のインフレ高進が今後10年間のインフレ継続を予兆するものであるとしたら、ポートフォリオのポジション配分はどう調整したらよいのでしょうか。

データ&テックオペレーション

機械、造船プラント、産業エレクトロ ニクス業界のESG評価

機械、造船・プラント、および産業エレクトロニクスセクターのESG(環境・社会・ガバナンス)評価は、今後も企業努力により改善が進むと思われます。サステイナリティクスのリスクスコアでは、キーエンスが最もリスクが低く、開示の拡大次第ではさらなる改善の可能性もあります。

サステナブルファイナンス

「インパクトのある α」実現のためには ESG 思考の大幅な見直しが必要

ブルームバーグは、ブルームバーグ・ウーマンズ・バイサイド・ネットワーク(BWBN)が作成した ESG 投資報告書を発表。長期的にポジティブなインパクトを生み出しながら、α(超過収益)も提供する「インパクトのある α」を目指す機関投資家にとって、ESG の人材・インパクト・プロセスが主要な 3 つの検討事項であることが示されています。

サステナブルファイナンス

LIBOR移行:財務担当のための3ステップ

LIBORに連動する金融商品の総額は200兆ドルを超えます。移行が最終章に近づく中、プロセスを簡素化するために、以下の3ステップを財務担当者の方にお勧めします。

リスク・規制

真価が問われる為替取引のテクノロジー

新型コロナウィルスによるパンデミックは、FX業務におけるワークフローの脆弱性を明らかにしました。市場参加者は、シームレスで一貫性のある為替ワークフローを導入することにより、可能な限りベストなレートで取引を執行する機会が実際にあることに気づきつつあります。

企業

ESGデータのブラックボックスを開く

ブルームバーグのサステナブル・ファイナンス・ソリューション部門でグローバルヘッドを務めるPatricia Torresとエンタープライズ・データ・コンテンツ部門でグローバルヘッドを務めるBrad Fosterが、透明性の高いESG(環境・社会・ガバナンス)データに対する投資家のニーズにどのように対応しているか、また、このデータを入手する上でどのような課題があるかを説明します。

データ&テックオペレーション