脚光を浴びるESG ETF、パフォーマンスは低空飛行

ESG商品が数多くローンチされるようになったのは比較的最近で、多くはまだ投資家に示せるほどの実績が少ないのが現状。

データ&テックオペレーション

企業によるクリーンエネルギーの購入は2018年、前半ですでに記録的な量に到達

クリーンエネルギーは効率性向上により、再生可能エネルギープラントの稼働時間が増大。コストが低下したことで、電力の卸売価格や従来電源とコスト面の競争力が高まっています。

データ&テックオペレーション

サステナブル投資の観点は倫理からコストまでさまざま

サステナビリティ融資やESGと結び付いた信用枠 の採用が拡大しつつあり、融資金利の低下というメリットを通じて企業にESGの改善を促す直接的なインセンティブとなっています。

データ&テックオペレーション

年金需要とミレニアル世代がサステナブル投資の成長を促進

年金基金の長期投資期間にわたる需要に加えて、ミレニアル世代の関心を呼び寄せるという資産運用会社の目的が、サステナブル投資の成長を牽引している。

トレーディング/投資

流動性規制の強化に悩む運用業界

テクノロジーの発展により、市場流動性は推計しやすくなったものの、運用業界は規制の強化に頭を悩ませている

リスク/規制

コンプライアンス競争

アジア諸国の金融監督当局は、資産運用機関に対して流動性、公正価値評価、取引執行の領域で基本的なリスク管理慣行の導入を義務づける基準を採用しようとしています。

リスク/規制

日銀の緩和政策の微調整でも世界の債券市場に痛手か

日本の国債利回りが上昇し、日本の投資家が保有する外国債に影響を及ぼす恐れ。

トレーディング/投資

米国債保有減らす日本の投資家、リスク高めの米資産にシフト

日本の投資家はリターンが長年低迷してきた米国債から離れ、記録的な金額を米国の株式や社債に振り向けている。

トレーディング/投資

ドイチェ・アセット:ジャパンパッシングもったいない、個別株注目を

過去に比べ海外投資家の間では日本株の調査がおざなりになっているが、近年コーポレートガバナンスの導入などで透明性や収益性を高めており、多くのアルファが得られるチャンス

データ&テックオペレーション