【端末活用術】GPIF開始のESG投資、情報開示=高リターン

環境・社会・ガバナンス(ESG)についてデータを最も多く開示している日本の企業は、過去1年間や3年間の投資リターンが他の企業に比べ高くなる傾向があることが分かった。

トレーディング/投資

これがアジア各国の中央銀行の優先課題だ

アジア各国の中央銀行は、他の地域の中央銀行と同様に、低インフレとの闘いに明け暮れる中で、その対応策の指針とすべきマンデート(付託された使命)をすでに数多く抱えています。

特集

グリーンの色合いを競う ― アジアで最も好成績の環境配慮型ファンドはどこか?

金銭的な利益を生み出すだけでなく、世界に対して純粋に望ましい効果をもたらす投資、という構想は、すでにニッチ商品という枠から完全に脱却し、無視することのできないグローバルな動きになっています。

トレーディング/投資

MiFID IIの最良執行要件遵守にはフィードバックループが必須

このブログシリーズでは、MiFID IIがOTC債券取引をはじめとする執行プロセスにどのような影響を及ぼすか、そして企業が最善の成果を得る上でトレードを再構築する能力がいかに重要であるかについて考察します。

リスク/規制

サステナブル投資: 戦略から実行へ

近年、サステナブル投資に配分される世界の資産額は急増し、環境・社会・ガバナンスの要素を投資分析や株主エンゲージメントに取り入れる動きが加速しています。こうした機運を踏まえると、多くのファミリーオフィスが独自のサステナブル投資戦略を採用することに意欲的なのも理解できます。

トレーディング/投資

日本株に投資しているなら、ツイッター・レーダーで「殿様イナゴ」を見逃すな

これらの規制緩和により、デイトレーダーは日中の値動きから利益を得ることがより簡単になり、その他のマーケットがどのように動くかを早読みしようとする投資家を先導してきた。

トレーディング/投資

日本の個人投資家が目を付けているのはインド-果敢な利回り追求

日本の個人投資家は世界で最も果敢な利回りハンターだが、今、目を付けているのはインド資産だ。ルピーの為替相場が安定していることと債券利回りがアジアで最高水準にあることが魅力と映る。

トレーディング/投資

ビットコインは今や魅力薄、本命はブロックチェーン-

取引の検証と記録に用いるビットコインの中核技術であるブロックチェーンは、世界の金融システムと他の産業を変える可能性を秘めていると考えられている。

特集

アルゴリズム登録や無料リサーチ禁止、 欧州新規制が施行へ

ブローカーが情報を共有して最良の価格を探り出し、相互に支払うこれまでの手法が、18年1月3日のMiFID2施行で一変する。MiFIDというぎこちない名称を持つEUイニシアチブの下で市場を規制する試みの第2弾であり、業界団体が数年にわたり必死のロビー活動を行った後も、施行ガイダンスの策定作業が続けられている。

特集