「一生懸命働いてスキルを磨け」:アナリストとして成功するための秘訣とは

ブルームバーグが先日主催したウェビナーで、J.P.モルガンでマネージングディレクター兼北米エクイティリサーチヘッドを務めるNicholas Rosato氏が、エクイティリサーチにおける自身の経験やそこで得た教訓、今キャリアをスタートさせようとしている若者たちへのアドバイスを語ってくれました。

投資・トレーディング

【日本インサイト】長期金利と避難通貨需要-2大変化が導く円安

世界経済の回復に伴い、円は対ドルで、日米金利差の拡大と円の避難通貨としての需要減少という二つの点で、脆弱になりつつあります。ブルームバーグ・エコノミクス(BE)の為替モデルは、米国がコストプッシュ型のインフレに直面する中で円は弱くなり、特に長期債利回りの変化に敏感であることを示しています。3つのシナリオでドル・円相場の向こう2年間の見通しを検討しました。

投資・トレーディング

ハイペースな市場の動きに対応するマーケット・インプライド・クレジットリスク指標

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)にによって引き起こされた今回の危機では、多くのセクターにわたり、急激かつ劇的な信用力の低下が起こりました。運輸、小売、エネルギー・セクターでは比較的良好な見通しが示されていましたが、その見通しはわずか数日のうちに、数カ月後のデフォルトの波を示す危険信号に変わりました。

リスク・規制

気候変動リスクを見失わないために

規制当局は、どのようにして気候リスクを測定するのか、またどのように個別企業と財務の安定性に影響を与えるかを積極的に議論しています。銀行や資産運用会社は気候変動リスクを真剣に受け止め、もっと厳格な規制が施行された場合どうなるか、自社のポジションを再評価する必要に迫られています。

サステナブルファイナンス

【日本インサイト】緊急事態延長、景気後退招く恐れも五輪開催に必須

東京や大阪など9都道府県に発令している新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が再延長されたら、日本は再び景気後退入りする恐れがあります。

特集

日本の高齢者向けワクチン接種、次のハードルは手続きと実施

日本では65歳以上の高齢者が新型コロナウイルスワクチンの接種対象となりましたが、まだ順調に進んでいるとは言えないようです。当初の遅れの原因は慎重姿勢や供給量の制約でしたが、現在は予約や集団接種そのものの難しさが問題となっています。

特集

脱炭素社会に向け加速する電動化戦略とSiC半導体需要

⽇本の⾃動⾞メーカーは多様なアプローチで脱炭素への貢献を⽬指していますが、自動車がバッテリー式(BEV)に置き換わると、発電時のCO2削減と同時に供給面での課題も。炭化ケイ素(SiC)を使ったSiCパワー半導体は、電力ロス低減につながる技術として確立されつつあり、活用が期待されています。

企業

バイサイドのテクノロジー・パートナー

バイサイドにとって、信頼できる強力なテクノロジー・パートナーを最も必要とする時があるとしたら、それは今です。激変にはチャンスも伴いますが、チャンスをものにするにはインフラが整っていることが必要です。

投資&トレーディング

ワクチンと変異株との戦いの鍵は、どのワクチンをいつどう接種するか

チリから日本まで、どの新型コロナウイルスワクチンをどれくらい早期に接種し、そして同時にどのような公共の医療対策を講じるかが結果を左右しています。

特集