グリーンリカバリー:アジア太平洋地域で出遅れの15銘柄

ブルームバーグ・インテリジェンスのアナリストが、グリーンリカバリーの成長可能性が過小評価されているアジア太平洋地域の15銘柄を洗い出しました。通常よく知られているグリーン銘柄以外に見過ごされている銘柄の中で、BIアナリストが最も有望視している世界の41銘柄のリストからまとめたものです。

投資・トレーディング

EUタクソノミー:何をいつ報告するのか?知っておくべきタイミング

この数カ月間でEUから数多くのESG開示に関する規制が新たに発表されています。これを受け、さまざまな要件やスケジュールに困惑したとしても無理はありません。ここでは、何をいつ報告する必要があるかについて、知っておくべきことを簡単にわかりやすく説明します。

リスク・規制

温室効果ガス排出量データで「ネットゼロ」目標に向けたレースが加速

気候変動のリスクを軽減するために私たちは何ができるのでしょうか。そして炭素排出量の正確な測定と報告はその中でどのように位置付けられるのでしょうか。

データ&テックオペレーション

グリーンウォッシング、監視の強化進む

「ESG」を銘打った投資ファンドを販売する運用会社に対し、その金融商品が本当にESG投資なのかを証明しなければならないという圧力が高まっています。

サステナブルファイナンス

機械、造船プラント、産業エレクトロ ニクス業界のESG評価

機械、造船・プラント、および産業エレクトロニクスセクターのESG(環境・社会・ガバナンス)評価は、今後も企業努力により改善が進むと思われます。サステイナリティクスのリスクスコアでは、キーエンスが最もリスクが低く、開示の拡大次第ではさらなる改善の可能性もあります。

サステナブルファイナンス

ESGデータのブラックボックスを開く

ブルームバーグのサステナブル・ファイナンス・ソリューション部門でグローバルヘッドを務めるPatricia Torresとエンタープライズ・データ・コンテンツ部門でグローバルヘッドを務めるBrad Fosterが、透明性の高いESG(環境・社会・ガバナンス)データに対する投資家のニーズにどのように対応しているか、また、このデータを入手する上でどのような課題があるかを説明します。

データ&テックオペレーション

日本のジェンダー多様性-長い道のり

日本企業では、取締役会におけるジェンダーの多様性(ダイバーシティー)がますます喫緊の課題となりつつあるようです。投資家たちが企業に女性の取締役比率の向上を求める中、この比率が高いほど株価リターンが向上するといったプラスの効果もブルームバーグ・インテリジェンスの調査で明らかになっています。

サステナブルファイナンス

脱炭素:自動化機器に電池工場向け26兆円投資の恩恵、グリーン債や政府援助も

乗用車EV世界販売は2040年までに6600万台とするBNEF試算の電池需要に基づいたシナリオ分析では、電池工場の設備投資費用はおよそ26兆円という試算になります。企業保有現金に加え、借入、グリーンボンド、政府補助金など様々な資金の後押しを受けて脱炭素に向かうこととなるでしょう。

サステナブルファイナンス

ESG債市場が急拡大、累積発行額3兆ドルを突破

ESGのグリーンボンド、ソーシャルボンド、サステナビリティボンド発行額は爆発的なペースで増加しており、初めて市場で販売されてからわずか15年で、累積販売額が3兆ドルを突破しました。これは新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)と排出ガス実質ゼロに向けた競争、グローバルなグリーン金融刺激策や記録的な低金利などに後押しされたものです。

サステナブルファイナンス