温暖化ガス排出量「実質ゼロ」目標に不可欠な基準の確立

世界最大手の企業の多くは、温暖化ガスの100%削減か、あるいはオフセットを掲げていますが、目標の信頼性と正当性を高めるためには、基準を確立することが不可欠です。実質ゼロ目標を分析・設定するための指針となるブルームバーグNEFのリポートの概要です。

サステナブル投資

2021年、CO2多排出企業発行の債券が本格稼働

グリーン投資における次のトレンドは、世界の脱炭素化に向けて必要な何兆ドルもの資金調達をサポートするために設計された新しい種類の債券です。

サステナブル投資

「ニュー・アクティブ」— 戦略ギャップを埋めてETFの成長を牽引

上場投資信託(ETF)の「ニュー・アクティブ」カテゴリー(スマートベータ、ESG、テーマ型およびアクティブ型)は、安価なインデックスETFとより高価な投資信託とのギャップを埋めて、この先数年の内に急速に成長すると見られています。

投資・トレーディング

ESGに傾斜した株式ポートフォリオの構築

急成長するESG投資の分野において、リスクモデルを用いたポートフォリオの最適化は、ESG銘柄へのエクスポージャーを保有するポートフォリオを構築する自然で効率的な方法です。

サステナブル投資

ワクチン開発されてもパンデミックは各国最大の社会課題

ワクチンが開発されたとしても、新型コロナの危機は2021年に入っても世界的にESG分野での最大の課題になるとみられます。なぜなら、失業者の増加で、所得格差や男女格差などの社会的課題が一段と深刻化しているからです。

サステナブル投資

ESGの変革:グローバル標準に向けたロードマップ

ESG投資の拡大とともに、サステナブル・ファイナンスのグローバル標準を確立する必要性が高まっています。市場をより持続可能な長期目標に導きつつ、投資家のためにリスクを減らし透明性を高めるという取り組みにおいて、規制当局が重要な役割を果たしています。

サステナブル投資

S&P500種企業の総合ESGソーシャルポジショニング

Orenda社は最近の白書において、同社のデータセットを用いて、S&P500種企業のうち社会的価値観と活動が一致している企業を選び出し、パフォーマンスを分析しました。

サステナブル投資

今後、ESG投資が金投資より優勢となる理由

環境にやさしいグリーン景気刺激策や新型コロナウイルス感染症ワクチン開発実現の可能性の高まりで、ESG関連株の上場投資信託(ESG ETF)がゴールドより優勢となるのは時間の問題かもしれません。

サステナブル投資

ジェンダー:取締役会のダイバーシティ戦略が欧米でリターンに寄与する可能性  

欧州では、女性取締役の比率などジェンダーダイバーシティ指標がトップクラスの企業を重視することでポートフォリオの運用実績が上がる可能性があります。

サステナブル投資