水素社会へ-発電、トラック、製鉄が安定需要のカギ

政府は水素社会インフラの構築に向けて民間企業と検討を進めています。この流れから生まれ得る需要を狙った開発も多岐にわたっており、経済産業省は発電、燃料電池トラック、製鉄分野での潜在的な水素需要の高さを指摘しています。これらの用途項目で十分な需給バランスを構築できれば、日本の脱炭素への道は大きく前進するでしょう。

サステナブルファイナンス

2020年サステナブル・デットの発行額は7300億ドル超

2020年のサステナブル・デットの発行額は新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)にもかかわらず、7320億ドルと過去最高を再び更新し、2019年を29%上回りました。

サステナブルファイナンス

機械学習を活用し、企業の温室効果ガス排出量を推定する

環境を意識した投資へのシフトが起きつつあります。本稿では、開示されたGHGデータによりトレーニングされた機械学習手法を使って、企業の直接的および間接的GHG排出量の確率分布を推定する方法についてご説明します。

データ&テックオペレーション

⽔素供給計画、⽇本政府は⼤幅な⽔素導⼊増を⽬指す

政府の脱炭素に向けた本格推進により、⽇本では⽔素の潜在需要が呼び起こされる可能性が⾼まりつつあり、供給網構築の事業性も⾼まっていると⾔えるでしょう。⽔素社会実現に向けた供給網構築やコスト削減への取り組みの中で⽇本重⼯業セクター企業の活躍の場は⼤きいとみています。

サステナブルファイナンス

ESG資産、2025年には53兆ドルに達する可能性ー世界全体の運用資産の3分の1

世界のESG(環境、社会、ガバナンス)資産の増加基調が続いています。2025年に想定される世界の運用資産残高140.5兆ドルのうち、ESG資産は53兆ドルとその3分の1を超えると予想されます。

サステナブルファイナンス

発電の脱炭素化ロードマップ:⼯業セクター

世界的な脱炭素の流れは、過去1年で加速した印象があり、⽇本政府も「2050年カーボンニュートラル」を⽬指す⽅針を打ち出し、本腰を⼊れ始めました。ブルームバーグ・インテリジェンスのアナリストによる分析です。

企業

温暖化ガス排出量「実質ゼロ」目標に不可欠な基準の確立

世界最大手の企業の多くは、温暖化ガスの100%削減か、あるいはオフセットを掲げていますが、目標の信頼性と正当性を高めるためには、基準を確立することが不可欠です。実質ゼロ目標を分析・設定するための指針となるブルームバーグNEFのリポートの概要です。

サステナブルファイナンス

2021年、CO2多排出企業発行の債券が本格稼働

グリーン投資における次のトレンドは、世界の脱炭素化に向けて必要な何兆ドルもの資金調達をサポートするために設計された新しい種類の債券です。

サステナブルファイナンス

「ニュー・アクティブ」— 戦略ギャップを埋めてETFの成長を牽引

上場投資信託(ETF)の「ニュー・アクティブ」カテゴリー(スマートベータ、ESG、テーマ型およびアクティブ型)は、安価なインデックスETFとより高価な投資信託とのギャップを埋めて、この先数年の内に急速に成長すると見られています。

投資・トレーディング