環境に優しいETFは?

上半期に、再生可能エネルギーに特化したETFの長期的なパフォーマンスが市場をアウトパフォームしたことは、コスト低下により競争力が強化されたことの現れかもしれません。

トレーディング/投資

責任投資を正確に評価するには

責任投資を正確に評価・比較するにはどうすればよいのでしょうか。投資対象や資本配分の決定にESG格付けが勘案されるようになってきましたが、リスクの軽減、投資パフォーマンス向上のガイドとして本当に役立つのか、議論が続いています。ESG格付けはいつ誰が、どのように、行っているのでしょうか。その規模や課題を探ります。

データ&テックオペレーション

サーキュラーエコノミーの世界では「調達、製造、利用、そして再利用」

気候変動と環境悪化への懸念を背景に、直線型に替わって、循環型経済(サーキュラーエコノミー)への支持が高まっています。廃棄物ゼロで新たな資源を全く必要としない完全なサーキュラーエコノミーを実現することは不可能ですが、システムから最大限の無駄を排除することで、新たな資源の投入を削減することは可能です。よりサーキュラー型のサプライチェーンへシフトし、リサイクルされた素材への切り替え、製品寿命の延長、寿命を終えた製品のリサイクル率の向上などが企業にも求められています。

企業

トランジションボンドでブラウン企業がグリーンに変わるかも?

トランジションボンドと呼ばれる新しいコンセプトに注目が集まっています。調達資金は、発行体が自社のビジネスをより環境にやさしい方向に転換するために使われます。「グリーン」の解釈が大幅に拡大されるため、削減されるべき汚染への対応が進むことが期待される一方で、投資家は透明性を要求しています。

企業

AmazonCO2排出量公表はIT企業のESG開示促進につながるか

Amazon自体は、翌日配達など潜在的に炭素集約度が高いサービスを増やしているため、ESG透明度指標によるランキングの順位を落とす可能性があります。

データ&テックオペレーション

ビッグデータのアルゴリズム:誰のために機能するのか

「アルゴリズムの時代」が到来し、数学モデルは、個人への情報提供に留まらず、重要な意思決定すら担うようになっています。あるアルゴリズムが、利害関係者全員を考慮に入れて動いているかどうかを、私たちはどのように評価し、再定義することができるのでしょうか。

データ&テックオペレーション

サーバーレスクラウドは万人向けか

複数のサイトを運営する組織に最適なサーバーレスクラウド。主な利点としては、低コストと使いやすさ、実際に使用した分だけ料金を支払えばよいという追加プライシングオプションが挙げられています。

データ&テックオペレーション

自動運転機能の追求は、自動車技術のゴールドラッシュ?

ブルームバーグNEFでは、2040年にはインテリジェントモビリティの走行距離のうち約半分を自動運転車が占めると予想。

データ&テックオペレーション

機械学習の時代と金融情報の未来

多様化し、断片化する膨大なデータと機械学習。今、金融業界はかつてないスケールのテクノロジーイノベーションを経験しています。

データ&テックオペレーション