オルタナティブデータ、投資利用の現状

グローバルな経済や政治の状況を把握するために数多くの投資家がこれまで読んできたのは、企業のSEC提出資料や政府統計資料でした。しかし今では多くの投資家が、公式統計を補完する材料として従来とは異なる情報、オルタナティブ・データに目を向けています。

データ&テックオペレーション

新型コロナ感染で自動配達需要の拡大が加速

新型コロナウイルス感染拡大を受け、健康や物流上の懸念から運送・配達サービスの再開が遅れ多くの製造業者が物流の滞りの影響を受けている中国では、自動配達サービスの拡充が加速するとみられる。

データ&テックオペレーション

脱炭素化:牧畜、セメント、鉄鋼産業の場合

気候変動対策の一環として求められている「脱炭素化」は、産業ごとにかつプロセスごとに抜本的な見直しを要求される大変手間のかかる作業です。本稿では牧畜、セメント、鉄鋼産業における脱炭素化の現状と課題を検証し今後の展望を探ります。

データ&テックオペレーション

バイサイド・トレンド・ウォッチ:イノベーションでアルファを創出

バイサイド市場は常に変化しており、運用会社はビジネスモデルの見直しを迫られています。市場の変革を乗り切るためには、より強力でスケーラブルなアイデアジェネレーションプロセスが必要となります。

データ&テックオペレーション

環境に優しいETFは?

上半期に、再生可能エネルギーに特化したETFの長期的なパフォーマンスが市場をアウトパフォームしたことは、コスト低下により競争力が強化されたことの現れかもしれません。

投資&トレーディング

サーキュラーエコノミーの世界では「調達、製造、利用、そして再利用」

気候変動と環境悪化への懸念を背景に、直線型に替わって、循環型経済(サーキュラーエコノミー)への支持が高まっています。廃棄物ゼロで新たな資源を全く必要としない完全なサーキュラーエコノミーを実現することは不可能ですが、システムから最大限の無駄を排除することで、新たな資源の投入を削減することは可能です。よりサーキュラー型のサプライチェーンへシフトし、リサイクルされた素材への切り替え、製品寿命の延長、寿命を終えた製品のリサイクル率の向上などが企業にも求められています。

企業

トランジションボンドでブラウン企業がグリーンに変わるかも?

トランジションボンドと呼ばれる新しいコンセプトに注目が集まっています。調達資金は、発行体が自社のビジネスをより環境にやさしい方向に転換するために使われます。「グリーン」の解釈が大幅に拡大されるため、削減されるべき汚染への対応が進むことが期待される一方で、投資家は透明性を要求しています。

企業

AmazonCO2排出量公表はIT企業のESG開示促進につながるか

Amazon自体は、翌日配達など潜在的に炭素集約度が高いサービスを増やしているため、ESG透明度指標によるランキングの順位を落とす可能性があります。

データ&テックオペレーション

ポートフォリオにESGデータを組み込むには

ESG効果が高い投資方法を見つけ出すためには、強力なデータ分析が必要です。信頼できるサービスプロバイダーから一貫性がある質の高いデータを入手し、ポートフォリオの目的に適合するESG投資方法を開発する必要があります。

データ&テックオペレーション