「トップ・オブ・ザ・クオンツ」APACハッカソンと投資の未来

アジア太平洋地域の最も優れた投資プロフェッショナルを集めて、実際の課題に取り組みつつ、互いから学び合う。それは、投資ワークフローに新たなテクノロジーを採用するための最適の方法と言えるかもしれません。ブルームバーグの「ハッカソン」シリーズでは参加チームがビジネス課題のブレインストーミングを行い、BQuantデータを短時間で解析し、インタラクティブな開発プラットフォームで問題を解決できるアプリケーションの作成を競うものです。

データ&テックオペレーション

バンガードやブラックロック、J-REITの⾦メダル狙う【端末活用術】

東京五輪への楽観的見方がテーパリング(段階的縮小)への懸念を上回ってきたことを背景に、多くの投資会社が日本の不動産投資信(REIT)への投資を積み増しています。ブルームバーグ機能を使って日本のREIT市場を分析してみました。

データ&テックオペレーション

ブルームバーグ2021年上半期買収合併市場レビュー

ブルームバーグの2021年6月30日までのデータによると、2021年上半期に日本企業が関わったM&A案件総額は前年同期比105.9%増の1348億米ドルでした。10億米ドル以上の大型案件が21件となり、前年同期より14件増えています。

データ&テックオペレーション

ブルームバーグ2021年上半期株式資本市場レビュー

2021年上半期の世界の株式資本市場における資金調達総額は6060億米ドルで、昨年同期から61.1%増加、史上最高額となりました。2021年上半期の全世界の株式資本市場における資金調達総額は昨年同期から大幅に増加し、史上最高額を記録しました。日本市場も同様に回復、新規公開、既公開市場両市場ともに金額も件数も増加しました。特に新規公開市場の回復が顕著で、100億円を超える大型案件も数多く登場しました。

データ&テックオペレーション

Third Party Index Policy: ユーザー独自のインデックスデータをブルームバーグターミナル上に展開

ブルームバーグは、新サービス、Third Party Index Policy (TPIP)をリリースしました。このサービスでは、インデックスデータプロバイダーはデータアップロードウェブポータルを介して、ブルームバーグターミナル上に独自のインデックスティッカーを作成、関連データをアップロード、管理することできます。

データ&テックオペレーション

ブルームバーグ、配当予想データのカバレッジ拡大

ブルームバーグ配当予想(BDVD)は、対象となります企業、指数及び上場投資信託の今後3年間の予想配当金額及び配当日を提供しています。ニューヨーク、ロンドン、東京を拠点に活躍する経験豊富な専任アナリストチームによる、ボトムアップ分析と独自のアルゴリズムを駆使した、業界最高水準の配当予想です。

データ&テックオペレーション

超過リターンをもたらすESG要因はガバナンス

ブルームバーグ・インテリジェンス(BI)による2015年から現在までの四半期データ分析によれば、ガバナンスの強化とESGパフォーマンス開示スコアの改善は、長期的に米国コーポレート指数の超過リターンにつながる可能性があります。

サステナブルファイナンス

新型コロナと技術革新をテーマに河野大臣とシーゲル氏が対談<ブルームバーグ・バーチャルラウンドテーブル>

ブルームバーグが先日主催したバーチャルラウンドテーブルで河野大臣とデビッド・シーゲル氏が対談、新型コロナウイルス感染症が世界的に及ぼす影響、コロナ禍における生活とビジネスから学び得たこと、デジタルトランスフォーメーションや自動化が仕事と社会に及ぼす影響、そしてグローバル規模で進むこの壮大な変革における政府の役割について議論されました。

データ&テックオペレーション

ハイペースな市場の動きに対応するマーケット・インプライド・クレジットリスク指標

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)にによって引き起こされた今回の危機では、多くのセクターにわたり、急激かつ劇的な信用力の低下が起こりました。運輸、小売、エネルギー・セクターでは比較的良好な見通しが示されていましたが、その見通しはわずか数日のうちに、数カ月後のデフォルトの波を示す危険信号に変わりました。

リスク・規制