Research

活況のグリーンボンド市場-新興国の企業も参入

コロナ禍以降、グリーンボンドのリターンは2倍になっています。

サステナブルファイナンス

In the News

ESGデータのワンストップショップを目指すブルームバーグ

「ブルームバーグでは複数のデータソースからESGスコアとデータを取り込んでいるため、他のデータ要素と組み合わせて統合し、ESGを全体的な視点から見ることができます」ーPatricia Torres(ブルームバーグ・サステナブル・ファイナンス・ソリューション部門グローバルヘッド)

データ&テックオペレーション

⽇銀のETF購⼊計画と市場への影響

日本銀行は2022年に上場投資信託(ETF)の購入をこれまでより少額に抑える可能性があります。しかし市場が日銀による買い入れに大きく依存する状態にある中、特に岸田文雄首相が「新しい日本型資本主義」の全面的な実施を進めたり、新型コロナウイルスの変異株がさらに出現したりした場合には、購入額を大幅に減らすのは難しいかもしれません。

投資・トレーディング

発電の脱炭素は、三菱重工、日立にリスクを上回る成長機会を提供

脱炭素が急務となる中で、従来発電による⼆酸化炭素(CO2)排出が懸念材料とされてきた重⼯系や総合電機企業には、リスクを上回る事業拡⼤機会が訪れている可能性があります。

投資・トレーディング

ブルームバーグ、データ・ライセンスのコンテンツをクラウド上で利用可能に

ブルームバーグは当社のデータ・ライセンスのコンテンツが、アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)上でご利用可能となったことを発表しました。これにより、世界中のお客様がクラウドネイティブにコンテンツの取得が可能になり、データの取得時間が大幅に短縮されます。

データ&テックオペレーション

Research

世界の資産運用会社:2022年の展望

世界の資産運用会社の収益ランレートは今のところ、高い資産価格によって押し上げられており、ブルームバーグ・インテリジェンス(BI)の戦略チームも来年に明るい見通しを持っています。ただし、ボラティリティーには注意が必要です。株価の下落が続けば、合併・買収(M&A)に拍車がかかる可能性があります。

投資・トレーディング

Research

メタバース、次世代技術プラットフォームの市場規模は8000憶ドルに達する可能性

メタバースは次世代の大規模テクノロジー・プラットフォームで、ブルームバーグ・インテリジェンス(BI)が約8000億ドルと試算する市場機会のシェアをオンラインゲームメーカー、ソーシャルネットワーク、およびその他のテクノロジー・リーダー企業が獲得しようとしています。社会的に共有され続ける3D仮想世界のメタバースは、リアルタイム3Dソフトウエアを使用したインターネットおよびソーシャルネットワークの進化の次のステップにおいて、物理的領域とデジタル領域を融合させるものです。

投資・トレーディング

News

バッテリーコスト増が自動車メーカーを直撃、気候変動対策に脅威

高騰するコモディティ価格とサプライチェーンのボトルネックを背景に、気候変動対策で不可欠とされているバッテリーのコストが押し上げられています。

サステナブルファイナンス

ニッチな、そしてニッチではないサステナブルデット市場

2021年前半のサステナブルデット発行額は8250億ドルに達しました。これは20年通年の発行額(7590億ドル)を8%上回ります。21年6月にサステナブルデット市場は新たな節目を迎えました。欧州投資銀行が07年に初の「気候問題への認知度を高めるための債券」(Climate Awareness Bond)を発行し、この市場を生みだしてからの累計発行額が3兆ドルに達したのです。

サステナブルファイナンス