オルタナティブデータ、投資利用の現状

グローバルな経済や政治の状況を把握するために数多くの投資家がこれまで読んできたのは、企業のSEC提出資料や政府統計資料でした。しかし今では多くの投資家が、公式統計を補完する材料として従来とは異なる情報、オルタナティブ・データに目を向けています。

データ&テックオペレーション

新型コロナ感染の世界的拡⼤で遅れる景気回復と五輪

新型コロナウイルス感染の世界的拡⼤により、⽇本経済が1−3⽉期にテクニカルリセッション(2四半期連続マイナス成⻑)を迎えるのはほぼ確実となり、今後もさらに痛みを伴うことになりそうだ。われわれの    最も楽観的なシナリオでさえ、経済は2020年に縮⼩する⾒通し。 

投資&トレーディング

中国のウイルス危機—⽇本経済の3つのシナリオ

中国は⽇本の主要貿易相⼿国であり、観光収⼊源であるだけに、同国での新型コロナウイルス感染拡⼤は、必然的に⽇本経済を圧迫することになる。メインシナリオでは経済成⻑はわずかな減速にとどまるが、最悪のシナリオではマイナス成⻑に陥ると予想する。

投資・トレーディング

英国のEU離脱によりEUがMiFID修正の動き

英国の影響から解放された欧州当局は、EU離脱で混乱するシティ・オブ・ロンドンを弱体化させるべく攻勢に出ようとしています。

リスク・規制

グリーンファイナンスで地球を救えるか

気候変動抑制へ向けて多額の資金が環境に配慮した投資へとシフトしており、グリーンウォッシングのリスクが依然としてあるなか、10年間の爆発的な成長の後「十分にグリーンなプロジェクトが足りない」という転換点にさしかかっています。

投資&トレーディング

世界最悪の汚染国でサステナブル金融が成長

地球上で最も人口が多く、環境汚染大国である中国で、政府は野心的な環境汚染対策を打ち出し、中国人民銀行は、グリーン・ファイナンスの奨励を推進しています。現地富裕層投資家の74%が、次の10年でサステナブル投資が新たな標準になると予想しています。現地課題の解決は、二酸化炭素排出量の削減やサステナブルな農業の確立を目指す世界的な運動を大きく後押しすることにもなるという、追加的なメリットもあります。

投資・トレーディング

ESG投資への需要とともに高まる高品質データの必要性

サステナブル投資は、主流となりつつある一方で、信頼性が高く一貫性を備えたESGデータの不足という課題に直面しています。サステナビリティを重視する投資家が以前のように外部からの推奨やESGスコアだけに頼ることはもはやなくなりました。

投資・トレーディング

新たな会計基準案に対応を迫られる金融機関

価格情報の妥当性の確認には、相当量のデータが要求されますが、債券をバイ・アンド・ホールドで持ち続ける投資家が多い日本では流動性が低くなりがちで、最新の時価情報を取りにくくなっています。ブルームバーグは、日本向けにIFRS第13号データフィードを設計、多数の情報源から得た価格データをまとめて、規制当局が求める日数や標準偏差といった情報を提供します。

リスク・規制

中国債券市場が日本の投資家に新たな機会を拓く

中国の巨大な人民元建て債券市場は、アクセスが向上し、グローバル投資家のポートフォリオの多様化やリターンも魅力的ながら、信用リスク、流動性、運営上の課題はこれから。

投資・トレーディング