パフォーマンスの最適化のために「壁」を取り除く:一貫性がアセット・マネジメントで最も重要な理由

投資運用会社にとって、互換性のないアプリケーションや異なるデータビューは、テクノロジーが分断化されていれば、宝の持ち腐れになってしまいます。ところが、一貫性を持たせることでデータの集中化に成功し、自由に閲覧や利用ができる効率的なオペレーティング・モデルを構築することができれば、データは無限の機会を提供してくれるのです。

投資・トレーディング

世界最悪の汚染国でサステナブル金融が成長

地球上で最も人口が多く、環境汚染大国である中国で、政府は野心的な環境汚染対策を打ち出し、中国人民銀行は、グリーン・ファイナンスの奨励を推進しています。現地富裕層投資家の74%が、次の10年でサステナブル投資が新たな標準になると予想しています。現地課題の解決は、二酸化炭素排出量の削減やサステナブルな農業の確立を目指す世界的な運動を大きく後押しすることにもなるという、追加的なメリットもあります。

投資・トレーディング

ESG投資への需要とともに高まる高品質データの必要性

サステナブル投資は、主流となりつつある一方で、信頼性が高く一貫性を備えたESGデータの不足という課題に直面しています。サステナビリティを重視する投資家が以前のように外部からの推奨やESGスコアだけに頼ることはもはやなくなりました。

投資・トレーディング

新たな会計基準案に対応を迫られる金融機関

価格情報の妥当性の確認には、相当量のデータが要求されますが、債券をバイ・アンド・ホールドで持ち続ける投資家が多い日本では流動性が低くなりがちで、最新の時価情報を取りにくくなっています。ブルームバーグは、日本向けにIFRS第13号データフィードを設計、多数の情報源から得た価格データをまとめて、規制当局が求める日数や標準偏差といった情報を提供します。

リスク・規制

中国債券市場が日本の投資家に新たな機会を拓く

中国の巨大な人民元建て債券市場は、アクセスが向上し、グローバル投資家のポートフォリオの多様化やリターンも魅力的ながら、信用リスク、流動性、運営上の課題はこれから。

投資・トレーディング

インデックスへの採用で身近になる中国債

段階的組み入れが完了した時点で、人民元建て債券はブルームバーグ・バークレイズ・グローバル総合インデックスで米ドル、ユーロ、日本円に次ぐ第4位の通貨となり、時価総額の 6.1%を占めることとなる。

投資・トレーディング

グリーンボンド、「グリーン度」の基準

地球温暖化防止には、グリーンボンドへの投資もひとつの方法です。急成長するグリーンボンド市場と求められる国際基準について考察します。

投資・トレーディング

フィランソロピーとファミリーオフィス:世代を超えて届く贈り物

ミレニアル世代が台頭しつつあるなか、ファミリーオフィスにとってのフィランソロピーは、親族の目的と価値観を共有し、かつ「社会還元」という伝統を後世へとつなぐ。

投資・トレーディング

バイサイドトレーダーの評価

バイサイドトレーダーの注文執行を評価する際に重要な3つの要素とは?

データ&テックオペレーション