サーキュラーエコノミーの世界では「調達、製造、利用、そして再利用」

気候変動と環境悪化への懸念を背景に、直線型に替わって、循環型経済(サーキュラーエコノミー)への支持が高まっています。廃棄物ゼロで新たな資源を全く必要としない完全なサーキュラーエコノミーを実現することは不可能ですが、システムから最大限の無駄を排除することで、新たな資源の投入を削減することは可能です。よりサーキュラー型のサプライチェーンへシフトし、リサイクルされた素材への切り替え、製品寿命の延長、寿命を終えた製品のリサイクル率の向上などが企業にも求められています。

企業

トランジションボンドでブラウン企業がグリーンに変わるかも?

トランジションボンドと呼ばれる新しいコンセプトに注目が集まっています。調達資金は、発行体が自社のビジネスをより環境にやさしい方向に転換するために使われます。「グリーン」の解釈が大幅に拡大されるため、削減されるべき汚染への対応が進むことが期待される一方で、投資家は透明性を要求しています。

企業

FX自動化でトレジャリー業務の停滞を解消

これまでは数時間かかっていた業務プロセスがデジタル化によって数分で済むようになり、トレジャリー部門は浮いた時間をより収益性が高い業務に回せるようになりました。高度な執行、会計、報告機能を備えた電子取引プラットフォームが、一貫したワークフローで従来の業務プロセスを瞬時に完了させてくれるからです。

企業

アジアにおけるESG投資とビッグシグナル革命

アジアでも人気が高まるESG投資。「ビッグデータ革命」のおかげで、自発的データ開示の進展をはるかに上回るスピードで、それ以外からのESG情報が増え続けています。

企業

複数拠点間の為替取引管理をスリム化する

為替取引を1カ所に集中させ、テクノロジーを活用した新たなソリューションを社内に導入する作業は多大な手間とコストがかかりますが、そのメリットは計り知れません。

企業

新興国市場における為替ヘッジの重要性

新興国通貨を扱う地場銀行にアクセスできないという理由だけで、電子プラットフォームのメリットを諦めて従前の非効率的な業務フローに戻る必要はもはやありません。

企業

女性活躍にクオータ制が早道、役員登用義務づけを-OECD課長

日本の女性の社会進出を進めるために、企業役員に一定数の女性を登用することを義務づけるクオータ制が有効な手段。

企業

サステナブル投資: 戦略から実行へ

近年、サステナブル投資に配分される世界の資産額は急増し、環境・社会・ガバナンスの要素を投資分析や株主エンゲージメントに取り入れる動きが加速しています。こうした機運を踏まえると、多くのファミリーオフィスが独自のサステナブル投資戦略を採用することに意欲的なのも理解できます。

投資・トレーディング

世界で急成長する風力発電、トランプ米大統領の反対でも

風力発電の成長率は、各種エネルギー形態の中で最も高い。おそらくそれよりも重要なことに、次世代の風力タービンの多くは、風力発電産業の成長に役立ってきた助成金が認められないとみられるものの、そもそも助成金が不要になるとみられる。風力エネルギーのコストは既にかなり低下しているため、今や世界の大半の国では、コストが最も低い新規電力源になっている。

企業