デジタルバンキングへのシフトに拍車:ニューノーマル

パンデミックは消費者行動を変容させ、欧州の銀行ではデジタライゼーションが加速することになりそうです。

リスク・規制

ジェンダー:取締役会のダイバーシティ戦略が欧米でリターンに寄与する可能性  

欧州では、女性取締役の比率などジェンダーダイバーシティ指標がトップクラスの企業を重視することでポートフォリオの運用実績が上がる可能性があります。

サステナビリティ

LIBOR廃止後、重要となるベンチマーク

世界中の政策決定者は2021年末までにLIBORのアクセシビリティと機能性を維持しつつ、LIBORよりも信頼できる、新たなベンチマークの開発を進めています。日銀はTIBORとTONARの2つを代替指標として有力視しています。

リスク・規制

在宅勤務実験を通して学んだこと

新型コロナのパンデミック(世界的大流行)で世界中のオフィスが閉鎖に追い込まれると、オフィスワーカーたちは、在宅勤務のメリットとデメリットを短期間で実際に学ぶことになりました。

企業

サステナブル金融のEUタクソノミー:金融市場参加者のためのよくある質問

市場参加者が温室効果ガスの削減に向けたパリ協定に即した真にグリーンな投資機会に確実に投資し、あたかも環境に配慮しているかのように見せかける「グリーンウォッシング」を回避するのに、このEUタクソノミー報告書が役立つことになるでしょう。

サステナビリティ

パンデミックで急務となった財務部門の自動化

パンデミックで、テクノロジーが果たす役割とその重要性に関する考え方が変わりました。あらゆる種類のテクノロジーに関する考え方や取り組み方が、ロックダウン期間中に、時には一晩にして見直され、大きく変化したのです。

企業

バイサイドCTOの役割に変化

テクノロジーはバイサイド企業において従来の枠組みにとらわれない役割を果たすようになっており、多くのヘッジファンドや資産運用会社がこれを競争における優位性の中心的要素と認識しています。

企業

脱炭素化:牧畜、セメント、鉄鋼産業の場合

気候変動対策の一環として求められている「脱炭素化」は、産業ごとにかつプロセスごとに抜本的な見直しを要求される大変手間のかかる作業です。本稿では牧畜、セメント、鉄鋼産業における脱炭素化の現状と課題を検証し今後の展望を探ります。

データ&テックオペレーション

財務担当がサステナブルファイナンスについて知っておくべきこと

ESGの価値を短期的・長期的に投資に組み込む投資家数の増加に伴い、急速に需要を拡大するグリーンファイナンス。自社に関して幅広く深い知識を持つ企業財務担当者は、サステナビリティの業務への統合を後押しし、会社の長期的成長・成功に向けた土台構築に貢献することができます。

投資&トレーディング