⽇本の新型コロナワクチンと治療薬、後発でも価値は⼤きい

日本の新型コロナワクチン開発は海外の競合に立ち遅れてはいますが、既存のワクチンが新型コロナウイルス変異型を抑制できない場合には有益となる可能性があります。ワクチン不足を背景に、また第4世代のワクチン開発中においては、治療薬が必要とされるからです。

特集

水素社会へ-発電、トラック、製鉄が安定需要のカギ

政府は水素社会インフラの構築に向けて民間企業と検討を進めています。この流れから生まれ得る需要を狙った開発も多岐にわたっており、経済産業省は発電、燃料電池トラック、製鉄分野での潜在的な水素需要の高さを指摘しています。これらの用途項目で十分な需給バランスを構築できれば、日本の脱炭素への道は大きく前進するでしょう。

サステナブルファイナンス

ワクチン接種の進捗状況から企業、経済の回復を予測する

ワクチン接種の進捗状況は、感染拡大と同じように、地域によって差が出ています。このため、各州、地域、国がワクチン接種をどれだけ迅速に実施できるかを予測することは、企業活動や経済がどれほど迅速に回復するかを示す重要な指標となります。

企業

⽔素供給計画、⽇本政府は⼤幅な⽔素導⼊増を⽬指す

政府の脱炭素に向けた本格推進により、⽇本では⽔素の潜在需要が呼び起こされる可能性が⾼まりつつあり、供給網構築の事業性も⾼まっていると⾔えるでしょう。⽔素社会実現に向けた供給網構築やコスト削減への取り組みの中で⽇本重⼯業セクター企業の活躍の場は⼤きいとみています。

サステナブルファイナンス

発電の脱炭素化ロードマップ:⼯業セクター

世界的な脱炭素の流れは、過去1年で加速した印象があり、⽇本政府も「2050年カーボンニュートラル」を⽬指す⽅針を打ち出し、本腰を⼊れ始めました。ブルームバーグ・インテリジェンスのアナリストによる分析です。

企業

デジタルバンキングへのシフトに拍車:ニューノーマル

パンデミックは消費者行動を変容させ、欧州の銀行ではデジタライゼーションが加速することになりそうです。

リスク・規制

ジェンダー:取締役会のダイバーシティ戦略が欧米でリターンに寄与する可能性  

欧州では、女性取締役の比率などジェンダーダイバーシティ指標がトップクラスの企業を重視することでポートフォリオの運用実績が上がる可能性があります。

サステナブルファイナンス

LIBOR廃止後、重要となるベンチマーク

世界中の政策決定者は2021年末までにLIBORのアクセシビリティと機能性を維持しつつ、LIBORよりも信頼できる、新たなベンチマークの開発を進めています。日銀はTIBORとTONARの2つを代替指標として有力視しています。

リスク・規制

在宅勤務実験を通して学んだこと

新型コロナのパンデミック(世界的大流行)で世界中のオフィスが閉鎖に追い込まれると、オフィスワーカーたちは、在宅勤務のメリットとデメリットを短期間で実際に学ぶことになりました。

企業