EUタクソノミー:何をいつ報告するのか?知っておくべきタイミング

この数カ月間でEUから数多くのESG開示に関する規制が新たに発表されています。これを受け、さまざまな要件やスケジュールに困惑したとしても無理はありません。ここでは、何をいつ報告する必要があるかについて、知っておくべきことを簡単にわかりやすく説明します。

リスク・規制

新機能SPACモニターをリリース:SPACによるIPO及びM&A案件の情報を一画面で確認

昨今のSPAC(特別買収目的会社)によるIPOの増加や規制の見直しを受け、ブルームバーグではSPACによるIPO及びM&A案件の情報を一画面で確認できる新機能SPACモニターをリリースしました。

データ&テックオペレーション

【端末活用術】中国株の不振、テック株の下落にとどまらず-各種チャートに反映

上海総合指数は、中国の習近平国家主席が就任した2013年3月から約50%上昇しているものの、MSCIワールド指数(同期間に105%上昇)に後れを取っています。ネット起業への取り締まり強化だけではない中国の株価下落の原因をGP機能、IPO機能、FFLO機能、およびBECO機能で探ります。

投資・トレーディング

自動車用半導体の在庫解消時期を分析、2022年4月に注目

半導体や自動車メーカー、自動車部品ティア1メーカーなどの自動車サプライチェーンにおける在庫問題は、2022年7-9月(3Q)頃には解消する見込みがあります。ブルームバーグ・インテリジェンスによる分析です。

データ&テックオペレーション

グリーンウォッシング、監視の強化進む

「ESG」を銘打った投資ファンドを販売する運用会社に対し、その金融商品が本当にESG投資なのかを証明しなければならないという圧力が高まっています。

サステナブルファイナンス

アップルの新型iPhone、サプライチェーン混乱の次なる正念場か【端末活用術】

自動車メーカーを襲ったような半導体チップ不足問題にアップルが直面した場合、世界的なサプライチェーンの危機は一段と悪化する可能性があります。ブルームバーグの企業マップ(CMAP)機能、株式スクリーニング(EQS)機能、ブルームバーグ・インテリジェンス(BI)機能、およびデータ・ライブラリー(DATA)機能を使って、サプライチェーンを分析します。

データ&テックオペレーション

LIBOR移行:財務担当のための3ステップ

LIBORに連動する金融商品の総額は200兆ドルを超えます。移行が最終章に近づく中、プロセスを簡素化するために、以下の3ステップを財務担当者の方にお勧めします。

リスク・規制

真価が問われる為替取引のテクノロジー

新型コロナウィルスによるパンデミックは、FX業務におけるワークフローの脆弱性を明らかにしました。市場参加者は、シームレスで一貫性のある為替ワークフローを導入することにより、可能な限りベストなレートで取引を執行する機会が実際にあることに気づきつつあります。

企業

日本のジェンダー多様性-長い道のり

日本企業では、取締役会におけるジェンダーの多様性(ダイバーシティー)がますます喫緊の課題となりつつあるようです。投資家たちが企業に女性の取締役比率の向上を求める中、この比率が高いほど株価リターンが向上するといったプラスの効果もブルームバーグ・インテリジェンスの調査で明らかになっています。

サステナブルファイナンス