Market Analysis

【端末活用術】従来の味方を失いつつある米国債の強気筋

米国債の強気筋は、3大保有者が売り圧力にさらされる中、従来からの味方を失いつつあります。ブルームバーグターミナルの機能を使った米国債の主要な保有者とヒストリカルスプレッドの分析方法をご紹介します。

投資・トレーディング

Market Analysis

仮想通貨で今何が起きているのか

ブルームバーグ ターミナルの強みの1つは、お客さまが関心を寄せるタイムリーな世界のニュース、リサーチ、データを素早く表示できることです。

データ&テックオペレーション

Research

サステナブルファイナンスのモメンタムを形成する4つのトレンド

低炭素社会への移行により、サステナブルファイナンスの取引が急増しています。投資家が何兆ドルもの資金をサステナブル関連銘柄に配分し直していることを受け、革新的な各種金融商品が生まれ、規制整備も拡大が続いています。

ESG & サステナブル・ファイナンス

Market Analysis

【端末活用術】小麦価格の高止まり、原油価格より長引くか-予想や先渡し契約に兆候

ロシアによるウクライナ侵攻によって世界中のコモディティーのフローに混乱が生じ、バイヤーは、財や人の移動、食糧生産、製造、都市への電力供給などの確保に奔走しています。

投資・トレーディング

Research

商品市場は八方ふさがり、供給ショックと需要破壊で

商品市場には先走りすぎて自滅する危険がありますが、2022年には風説の流布が起きた2008年と似たようなリスクがある、とブルームバーグ・インテリジェンス(BI)ではみています。

投資・トレーディング

Research

石油大手のロシア撤退、エネルギー移行に悪影響か

大手石油・ガス会社による炭素集約型資産の国営石油会社(NOC)への売却が増加するにつれて、監視が難しくなるととともに、石油・ガス産業における炭素排出量削減が困難になるリスクがあります。

ESG & サステナブル・ファイナンス

Research

原油市場を揺るがすロシアーウクライナの戦争

ロシアによるウクライナ侵攻は世界中のコモディティ市場に波及し、原油、ガスから小麦、ニッケルまであらゆる商品に影響を及ぼしています。

投資・トレーディング

Market Analysis

カーボンオフセット価格、2029年までに3000%上昇の可能性も

カーボンクレジットを取引する市場は、気候変動に対して各国に責任を負わせる世界的な規制の取り組みに大きく左右されます。

ESG & サステナブル・ファイナンス

Research

ESG関連ETFの比較にはスコアカードが有益

ESG関連ETFが次々と新たに登場し、企業の市場進出や戦略の多様化が進んでいます。さまざまなESG関連ETFの特徴を比較することは、ファンド分析にとって今後も不可欠ながらもますます難しくなるでしょう。例えば、さまざまなファンド間で二酸化炭素排出原単位を比較する場合、推定値を用いてデータを補完しなければひずみが生じることが判明しています。

ESG & サステナブル・ファイナンス