Market Analysis

【端末活用術】従来の味方を失いつつある米国債の強気筋

米国債の強気筋は、3大保有者が売り圧力にさらされる中、従来からの味方を失いつつあります。ブルームバーグターミナルの機能を使った米国債の主要な保有者とヒストリカルスプレッドの分析方法をご紹介します。

投資・トレーディング

Market Analysis

【端末活用術】小麦価格の高止まり、原油価格より長引くか-予想や先渡し契約に兆候

ロシアによるウクライナ侵攻によって世界中のコモディティーのフローに混乱が生じ、バイヤーは、財や人の移動、食糧生産、製造、都市への電力供給などの確保に奔走しています。

投資・トレーディング

Q&A

持続可能な開発のためのカーボンニュートラルな投資:南方基金管理(中国)史博氏インタビュー

中国の南方基金管理の副総裁兼最高投資責任者である史博氏に、カーボンニュートラル投資における同社の投資方法や経験をお聞きします。

ESG & サステナブル・ファイナンス

Research

商品市場は八方ふさがり、供給ショックと需要破壊で

商品市場には先走りすぎて自滅する危険がありますが、2022年には風説の流布が起きた2008年と似たようなリスクがある、とブルームバーグ・インテリジェンス(BI)ではみています。

投資・トレーディング

Q&A

ESG規制の順守を包括的なデータとソリューションで支援

ブルームバーグはAチーム・グループの2022年イノベーション・アワードで「最優秀イノベーティブESGデータ・ソリューション賞」を獲得。サステナブル・ファイナンス規制部門グローバル・プロダクト・マネジャーRokhsana Saddighzadehが、開発の背景、同部門が関与するテクノロジーの利点や今後の開発計画について解説します。

データ&テックオペレーション

Article

アジアのバイサイド:2030年への軌道

APACバイサイドフォーラムでは、ビジネスリーダー、ブルームバーグのソートリーダー、APACバイサイド・カウンシルのメンバーなど世界各地から一流の専門家が集結、7つのセッションにわたり活発に議論を交わしながらトレンドを分析し、2030年までのバイサイドの方向性を描きました。

投資・トレーディング

Research

2022年、注目はロシア・ウクライナ情勢、商品インフレの動向

世界屈指の原油輸出国ロシアが、2022年初から世界でもトップクラスの穀物輸出国であるウクライナの国境付近に軍隊を集結させています。これを受け商品価格は高騰し、今年は相場の格言、「高値売り」が商品相場で有利に働く可能性があります。

投資・トレーディング

Market Analysis

【端末活用術】複数のテクニカル指標が示唆していた相場の調整局面

複数のテクニカル指標において、米国の株式市場は株価が乱高下する中で2021年に天井を付けたことが示唆されています。例えば、2021年11月には株価急落を予測するテクニカル指標のヒンデンブルグ・オーメンが現れ、ニューヨーク証券取引所(NYSE)総合指数が低下する可能性が高まっていることの警告となりました。ブルームバーグの機能を使って、複数のテクニカル指標によって示唆されていた相場の調整局面を検証します。

投資・トレーディング

Market Analysis

2022年上半期サステナブルファイナンス市場の見通し

ブルームバーグNEFが発表した2022年上半期のサステナブルファイナンス市場の見通しによると、2021年のサステナブル債発行額は1兆6000億ドル超と過去最高を記録し、時価総額は4兆ドルを突破しました。

ESG & サステナブル・ファイナンス