Article

銀行セクターが直面する気候変動リスク・データに関する課題

気候移行リスク要因を理解することは、銀行にとって最優先課題となりました。しかし、投融資の意思決定において気候変動リスクを測定し、それをリスクと評価の枠組みに取り入れることは容易ではありません。気候変動リスクは独特で広範囲にわたり、複雑であるため、このセクターにとって大きなデータ分析上の課題となっています。

ESG & サステナブル・ファイナンス

Article

機械学習を用いた温室効果ガス排出量の推定値算出

米証券取引委員会(SEC)は3月に、米上場企業に温室効果ガス(GHG)排出量の開示を義務づける新しい規則を提案しました。各企業の排出量や排出量削減目標に対する進捗具合について透明度が大幅に向上することで、サステナブルファイナンスは近い将来恩恵を受ける可能性があります。

データ&テックオペレーション

Research

サステナブルファイナンスのモメンタムを形成する4つのトレンド

低炭素社会への移行により、サステナブルファイナンスの取引が急増しています。投資家が何兆ドルもの資金をサステナブル関連銘柄に配分し直していることを受け、革新的な各種金融商品が生まれ、規制整備も拡大が続いています。

ESG & サステナブル・ファイナンス

Q&A

持続可能な開発のためのカーボンニュートラルな投資:南方基金管理(中国)史博氏インタビュー

中国の南方基金管理の副総裁兼最高投資責任者である史博氏に、カーボンニュートラル投資における同社の投資方法や経験をお聞きします。

ESG & サステナブル・ファイナンス

Q&A

ESG規制の順守を包括的なデータとソリューションで支援

ブルームバーグはAチーム・グループの2022年イノベーション・アワードで「最優秀イノベーティブESGデータ・ソリューション賞」を獲得。サステナブル・ファイナンス規制部門グローバル・プロダクト・マネジャーRokhsana Saddighzadehが、開発の背景、同部門が関与するテクノロジーの利点や今後の開発計画について解説します。

データ&テックオペレーション

Article

データを活用してジェンダーバイアスに取り組む

新型コロナウイルスのパンデミック、社会変革を継続的に求める動き、そしてESG資産への大規模な資金流入が世界を取り巻く中、社会データとそれがもたらし得る変化には透明性や進歩が明確に求められています。

ESG & サステナブル・ファイナンス

Market Analysis

カーボンオフセット価格、2029年までに3000%上昇の可能性も

カーボンクレジットを取引する市場は、気候変動に対して各国に責任を負わせる世界的な規制の取り組みに大きく左右されます。

ESG & サステナブル・ファイナンス

Research

ESG関連ETFの比較にはスコアカードが有益

ESG関連ETFが次々と新たに登場し、企業の市場進出や戦略の多様化が進んでいます。さまざまなESG関連ETFの特徴を比較することは、ファンド分析にとって今後も不可欠ながらもますます難しくなるでしょう。例えば、さまざまなファンド間で二酸化炭素排出原単位を比較する場合、推定値を用いてデータを補完しなければひずみが生じることが判明しています。

ESG & サステナブル・ファイナンス

Article

アジアのバイサイド:2030年への軌道

APACバイサイドフォーラムでは、ビジネスリーダー、ブルームバーグのソートリーダー、APACバイサイド・カウンシルのメンバーなど世界各地から一流の専門家が集結、7つのセッションにわたり活発に議論を交わしながらトレンドを分析し、2030年までのバイサイドの方向性を描きました。

投資・トレーディング