TCFD対応

TCFD とは
TCFDは2015年に、金融安定理事会とイングランド銀行のカーニー総裁(当時)の要請を受けて設立され、弊社の創設者であるマイケル・ブルームバーグが議長となって発足しました。同氏は、長年、金融システム内外における気候問題への対処を訴えてきました。また、弊社のメアリ・シャピロ(ブルームバーグ LP グローバル公共政策副会長、創業者・会長付特別顧問兼 TCFD 特別アドバイザー)はTCFDの特別顧問を務めております。

TCFDの前提は、投資家、金融機関、保険会社に対して、企業の気候リスクに関するよりよい情報を提供し、賢明な投資、融資、引き受けの意思決定に役立ててもらうことです。弊社では、企業が開示するTCFD関連データや国際機関が公表している環境リスクマップなどの地理空間データを提供し、TCFDに関するリスクや機会を特定するためのツールを取り揃えております。

■ TCFD関連エクセルテンプレート
TCFDディスクロージャー・トラッカーと呼ばれるツールでは、TCFD関連のデータ項目をガバナンスやストラテジーなど4つの分野にわけ、更に11の推奨開示項目に対して弊社のデータ項目をマッピングしました。

各分野に関連するデータ項目の開示状況を企業ごとに集計し開示の度合いをチャートで可視化することで、TCFDにおける企業の開示状況を簡単に把握することが可能です。

■ TCFD 関連リサーチ(BNEF) 
ブルームバーグNEFのエネルギー長期見通しや電気自動車見通しなどのシナリオ分析を通じて将来の市場規模や需要を分析し、TCFDをはじめとしたさまざまなフレームワークや規制の今後の観点から、市場構造の転換による移行機会と移行リスクの把握が可能となります。また、ブルームバーグNEFにはG20をはじめ国ごとの開示規制に関する分析も行っております。

■ BQuantを活用したTCFD 分析
BQuantはパイソンとブルームバーグのデータを柔軟に使用し、ユーザーニーズに最もあった分析アプリケーションを開発することが可能なプラットフォームです。ブルームバーグが提供するビジュアルツールを利用して数行のコードで分析ツールのアプリ化を実現します。アプリ化されたツールは社内共有も可能です(ブルームバーグエニウェアユーザー間に限る)。

アプリ例ではポートフォリオの保有情報を引っ張り、温室効果ガスのエクスポージャーを図ることができます。また、BQuantの柔軟性を生かし、様々な角度から対象データの分析をすることが可能です。