bg.wrapper.download

マーケッツ

Document NameFile TypeFile SizeDescription
ブルームバーグ・プロフェッショナル サービスpdf7 MB今や業界標準となった「ブルームバーグ プロフェッショナル®サービス」の全体像をアセット別(債券・株式・デリバティブ・外国為替・コモディティ)に紹介しています。
外国為替 (FX)PDF1373KBブルームバーグ・プロフェッショナル・サービスのFXプラットフォームは、通貨とデリバティブに関する広範な市場データと豊富な分析機能を提供しています。絶えず変化する為替市場の動向を把握し、適切な投資判断を促すための情報ツールです。
外国為替電子取引 FXGO概要pdf3 MBブルームバーグのFXソリューションでは、リアルタイム・プライシング、ニュース、高度な分析手法により、取引アイデアを発展させ、市場をモニタリングすることが可能です。FXGOプラットフォームは、手数料無料のシームレスな取引執行を実現します。
コモディティPDF3760KBブルームバーグコモディティは、石油、天然ガス、電力、石炭、金属、農産物、海運に至るまで、常に変動するコモディティ市場のリアルタイム情報と、お客様のニーズに合わせてカスタマイズできる多様な分析ツールを提供します。

ソリューション

Document NameFile TypeFile SizeDescription
事業法人向けソリューションPDF2554KB企業財務/コーポレートファイナンス、企業IR/PR、経営企画、資材調達など、企業経営の意思決定に関わるビジネスプロフェッショナルに必要不可欠な情報分析ツールとなる本サービスの活用法とメリットをご紹介します。
企業IRのためのブルームバーグPDF1887KBアナリスト、投資家・資本構造データ、収益予想・実績、競合他社との比較、マーケットを左右するニュースやリサーチなど、市場データをニュースや財務分析を合わせて詳細な情報を提供します。
企業財務のための
ブルームバーグ
PDF1438KB企業の財務管理を成功に導くソリューションとして、為替エクスポージャを管理し、キャッシュ・マネジメントを最適化し、金利やクレジット市場に対する洞察を深める上で欠かせない情報、分析ツールを提供します。
BCP対応のための
ブルームバーグ
PDF1925KBブルームバーグは世界最大のプライベートネットワークを有する情報・データプロバイダーとして、お客様の事業継続計画(BCP)に貢献するための強固な情報基盤を提供しています。高い可用性、場所を問わないフレキシビリティ、万全なコンプライアンス機能をご紹介いたします。
教育のためのブルームバーグPDF389KBお客様事例:大阪電気通信大学
お客様事例:日立製作所様PDF477KB日本企業にとって、自社の広報・IR戦略をグローバルレベルで展開することは大きな課題です。国境を越えたステークホルダーへの企業コミュニケーション活動について、日立製作所様の事例をご紹介します。

ブルームバーグ ビジネス レビュー

Document NameFile TypeFile SizeDescription
ブルームバーグ ビジネス レビュー 2015年12月冬号HTML本号では、ブルームバーグが選ぶ毎年恒例の「世界で最も影響力ある50人」に選出されたイエレンFRB議長の「金利を動かす力」の翻訳記事、日本語オリジナル記事の「謎の36歳デイトレーダーの読み的中」など、2015年の注目記事を厳選してご紹介しています。また、弊社経済アナリストがTTPや消費税軽減案といった旬なトピックを取り上げ解説するほか、機能紹介セクションでは、FOMC会合を前に「世界の金利予想確率」機能など、業務に役立つ機能を多数ご紹介しています。
ブルームバーグ ビジネスレビュー 2015年夏号HTML今年6月から適用が開始された「コーポレートガバナンスコード」。女性管理職の比率、経営陣の報酬、独立社外取締役比率など、コーポレートガバナンスに関連するブルームバーグのデータや分析機能をご紹介します。ほかにも、米国の利上げタイミング、原油市場のトレンドなど、旬なトピックを取り上げ、ブルームバーグの専門家が今すぐ役立つ機能をご紹介します。翻訳記事では、モルガン・スタンレーとゴールドマン・サックスのCEOの比較記事など、興味深い記事を掲載しています。
ブルームバーグ ビジネス レビュー 2015年春号htmlFRBの利上げ開始のタイミングなど、主要中央銀行の「次の一手」に関心が集まる中、金融市場の動向を読み解くためのブルームバーグ活用法を各市場のスペシャリストが紹介します。日本語翻訳記事セクションでは、「『ミライ』に賭けたトヨタ社長、半世紀先見据える」や「『黙って乗っ取る』ブラムソン氏の投資戦術」など旬な話題を取り上げています。
ブルームバーグ ビジネス レビュー 2015年冬号HTML日銀による追加金融緩和や原油価格の続落など、激動の2014年後半を抜け迎えた2015年。ブルームバーグの専門家が2015年のマーケット要因を読み解きます。また、日本語翻訳記事セクションでは、借金生活から一転、4200億円を運用する投資アドバイザーのサクセスストーリーや「無能な上司に当たった時の処方箋」、お金で買えない夢のような経験を売るチャリティーサイトなど、読み応えのある記事を掲載しています。
ブルームバーグ ビジネス レビュー 2014年秋号HTML為替市場を中心にようやく活気が戻ってきた金融市場。ブルームバーグの専門家が各市場の分析に役立つ機能を紹介します。また、本号では少子高齢化に伴い浮上している機会や課題をさまざまな角度からアナリストが検証します。日本語翻訳記事セクションでは、2014年版「世界で最も影響力ある50人」のほか、バンカーが手放せない「出会い系アプリ」など、幅広いジャンルの記事を掲載しています。
ブルームバーグ ビジネス レビュー 2014年夏号HTML低ボラティリティが続く日本の金融市場。いつ、なにがきっかけで急変するのか、めまぐるしく変化する国内外の情勢を踏まえ、ブルームバーグの専門家が各市場の動向を分析します。日本語翻訳記事セクションでは、ウォール街の若手バンカーの長時間労働問題、海運業界への関心復活で人気を集めた「海の男の本」、クラッシックカー界のシャーロック・ホームズの記事を取り上げています。
ブルームバーグ ビジネス レビュー 2014年春号HTML日本国内では消費増税の実体経済への影響、海外ではウクライナ情勢の緊迫化など、金融市場の不透明感が強まる中、各市場を分析するためのブルームバーグの活用法をご紹介しています。日本語翻訳記事セクションでは、投資銀行手数料収入ランキング、ETF市場急成長の仕掛け人やヘッジファンド業界に女性運用者が増えない理由に加え、世界で高く評価されている日本産ウイスキーなど、興味深い記事を掲載しています。
ブルームバーグ ビジネス レビュー 2014年新春号HTML今号では、新春号にふさわしく、2013年の市場動向を受けて2014年市場がどう動くのか、その鍵となる分析機能についてご紹介しています。また、日本語翻訳記事セクションでは、米国経済の見通しやユニークな経歴を持つ有力エコノミスト、自分ブランディングの秘訣や最新のウェアラブル市場、そしてゲームオタクの高級絵画など幅広い内容のコンテンツがご覧いただけます。
ブルームバーグ ビジネス レビュー 2013年秋冬号HTML2020年の東京オリンピック開催、2014年の消費増税、FRB議長の後任など、イベントが集中した秋相場。各市場ごとの最新トピックスを取り上げて、活用できる機能を紹介しています。また、日本語翻訳記事セクションでは、2013年「世界で最も影響力のある50人」を紹介し、その中でもユニークな人物のプロフィールを描いています。さらに、苦難から立ち上がる女性達の物語も興味深いです。
ブルームバーグ ビジネス レビュー 2013年 夏号HTML一定の評価を得られた安倍首相と黒田日銀の経済・金融政策;アベクロノミクスがまさに岐路に立たされた夏。円安・株高基調の揺らぎは克服できたのか、各市場の概況を分析しています。また、日本語翻訳記事セクションでは、韓国初の女性大統領による韓国の将来像や名門ロスチャイルド家の御曹司の不運に加え、CEO報酬ランキングなど豊富なコンテンツを掲載しています。

経済・産業分析レポート

Document NameFile TypeFile SizeDescription
2015年下半期世界経済の見通しpdf3 MB2015年に世界経済の成長は二分する見通しで、先進国ではシステミック・リスクが低下する一方、多くの新興国、特に好況期に外貨準備高を十分に積み上げなかった石油輸出国では、マイナス成長や景気減速が予想されます。 一方、新興国の2016 年の見通しについては、民間のエコノミストは国際通貨基金(IMF)より楽観視しています。
日本におけるコーポレートガバナンス改革pdf710KB日本版「スチュワードシップ・コード」、「コーポレートガバナンス・コード」と新たなガイドラインが登場する中、ブルームバーグ・インテリジェンスのESGアナリストが日本におけるコーポレートガバナンス改革に関するレポートを執筆しました。
2015年アジア見通しPDF6742KBブルームバーグ・インテリジェンスの「2015年アジア見通し」では、2015年のビジネス戦略および投資戦略を左右する重要なトピックやトレンドを取り上げています。政策金利引き下げと成長回復、米国の動向と原油安、世界各地の地政学リスクに焦点を当て解説するほか、130以上の業種・セクターをカバーし、世界中の企業や主要なアセットクラスを分析するBIチームが、今後の産業動向を読み解きます。
2014年12月 20カ国・地域(G20)経済予測PDF7758 KB2014年中盤までは、量的緩和によってボラティリティが歴史的な低水準を記録、一方で、年末にはブローカーからは安堵のため息、中央銀行関係者からはうめき声が漏れました。中国政府は予想外の利下げに踏み切り、日本では解散総選挙を経て安倍晋三政権が続投。一方、ロシア経済は危機的状況に追い込まれ、プーチン大統領の行動が、G20の各加盟国の外交政策に影を落としています。本稿では、2015年の経済動向を左右する政局や人口動態、社会問題にスポットライトを当てて解説します。また、ブルームバーグのコンセンサス調査結果を織りまぜ、今後の経済展望におけるエコノミストの予想を紹介します。
2014年10月 20カ国・地域(G20)経済予測pdf4 MBG20経済を対象とする今回のコンセンサス予想では、先進諸国で景気減速の新たな兆候が観測されています。現に、日本の8月の鉱工業生産は前年比で3%以上落ち込み、英国でもインフレ率が5年ぶりの低水準となりました。一方米国のイエレンFRB議長は、世界経済の成長が減速し金融市場が混乱する状況においても、同国の景気拡大が持続することに自信を表明しています。ユーロ圏では、ドイツの成長率が2014年通年でわずか1.5%の伸びにとどまると予想される中、ECBのドラギ総裁は、5年来の低水準に落ち込んだインフレ率を押し上げるべく措置を講じるとしています。
2014年7月 日本経済レポートPDF1383KB安倍首相が日本経済の「失われた20年」からの脱却を掲げ、その取り組みが本格化してから1年半が経過しました。この間、物価上昇率が加速、企業収益は改善し、設備投資も持ち直し始めており、政策担当者は「アベノミクス」が軌道に乗っているとの見解を示しています。しかしながら、楽観的な見方ばかりではありません。投資家の間では、構造改革の遅れや財政危機の深刻化に対する懸念が高まっており、そうした状況の下、日経平均株価は2014年初以来、世界の主要株価指数の中で最も低迷しています。本レポートでは今後の日本経済の展望について著名な研究者やエコノミストの見解をまとめました。
2014年 下半期 アジア見通しPDF4758MBアジア地域における産業動向は、2014年年初来激しく株価が変動している業種が多く、その傾向は下半期も続くと予想されます。特に消費財セクターについては、中国経済の減速、日本の消費増税、地政学的リスクなどが足かせとなっています。一方で、様々な構造改革や製品サイクルの循環、欧米諸国の景気回復など明るい材料も見られることから、アジア地域の長期的な成長トレンドは揺るがないと考えられます。
2014年6月 20カ国・地域(G20)経済予測PDF4235MB今回のコンセンサス調査では、先進国で景気回復が持続している一方で、新興国では政局不安やインフレ上昇が引き続き経済の足かせとなっている構図が明らかとなりました。先進国では、英国が2014年の景気回復を主導すると見られており、英国の2014年通年の経済成長予測は前年比2.9%増へと引き上げられています。また、米国でも、量的緩和策の一環として行われてきた資産購入プログラムの縮小がイエレンFRB議長のもとで進められるなか、2014年通年の成長率は年率換算で2.5%増と予想されています。
2014年3月 20カ国・地域(G20)経済予測PDF2221KB今回のコンセンサス予想調査では、先進国全般について成長加速の見通しが強まっています。エコノミストは米国が牽引役になると見ており、同国の成長率は2014年第4四半期に年率2.8%に達すると予想しています。新興国では、中国の政策当局が7.5%という本年の成長目標を据え置き、構造改革の加速を優先して経済成長の鈍化を容認するつもりはないという姿勢を示しました。
2014年 アジア見通しpdf9 MB2014年は、アジアの2大市場である中国と日本における改革がアジア地域のビジネスおよび経済の動向を左右するでしょう。ブルームバーグ・インダストリーズとブルームバーグ ブリーフの「2014年アジア見通し」では、8カ国の経済予測と14業種の今後の動向を検証します。
2013年 下半期 アジア見通しpdf5 MBアジアの活発な経済は不透明な時期にさしかかっています。これまで高成長を遂げてきた中国経済は減速し、日本は一段と積極的な経済政策を講じる一方で、アジアにおける高齢化や都市化は深刻化しています。「2013年下半期アジア見通し」では9業種の今後の動向を検証します。
2013年 主要産業の見通しpdf3 MBブルームバーグ・インダストリーズのアナリストが主要11業種を分析し、今後の見通しを検証します。

リーグテーブル

Document NameFile TypeFile SizeDescription
2016年度第3四半期 日本資本市場引受業者リーグテーブルpdf1 MBnew
2016年 日本M&Aリーグテーブルpdf2 MBnew
2016年度上半期 日本資本市場引受業者リーグテーブルpdf1 MB
2016年第3四半期 日本M&Aリーグテーブル(訂正版)pdf3 MB
2016年上半期 日本M&Aリーグテーブルpdf2 MB
2016年度第1四半期 日本資本市場引受業者リーグテーブルpdf1 MB
2016年 第1四半期 日本M&Aリーグテーブルpdf2 MB
2015年度 日本資本市場引受業者リーグテーブルpdf1 MB