決算シーズン、伝統的なデータだけでは見えないものを探せ

Read the English version published on October 18, 2021.

決算シーズンはアナリストやポートフォリオマネジャーのワークフローが試される重要な時期です。他に類を見ないようなアイデアを生み出し、確かな情報に基づいた正確な決断を迅速に下せるアナリストは、一歩先をリードできます。古いワークフローにとらわれて興味深いデータのインサイトを見出せなければ、取り残されてしまうでしょう。

EPSや売上高など、主に企業の損益計算書項目に注目する従来のファンダメンタルズ分析だけではもう不十分です。多くの場合、伝統的な財務指標はコントロール可能です。企業がスイッチを切り替えれば、すぐにいくらでも収益化できますが、その結果、潜在顧客を逃してしまうことにもなりかねません。今、顧客を増やせば将来的にはより大きな利益につながるという想定の下、顧客を増やすために企業が伝統的な財務指標を犠牲にすることが多くあります。アナリストにとって、自社の差別化を図り、アルファ(期待収益率と予想収益率の差)を生み出すために、従来とは異なるデータがますます重要になっています。

最近では、独自のデータをいち早く提供できるか、そのデータで何ができるかが重要になっていますが、これには、データを活用してより優れたアイデアを生み出せる正しいツールと、データを効率的に処理できる高度なシステムが必要です。それらを組み合わせた効率よいデータマシンがあれば、アナリストもポートフォリオマネジャーも、決算シーズンのたびに予想を達成したかどうかだけでなく、その先を見越せるようになるでしょう。

「非伝統的なオルタナティブ・データは金融モデルにとって今や必要不可欠で、オルタナティブ・データの一部は、成功のためにはほぼ絶対必要と言ってよいほどです。それを使っていない投資家は全体像を把握できていないため、不利な立場にあります」と、ブルームバーグのプロダクトマネジャー、Grant Gordonは言います。

今まで以上にきめ細かいデータを収集

拡大の一途をたどる非伝統的なオルタナティブ・データのカテゴリーには、気象データからクレジットカード取引データ、処方薬売上高、住宅メーカーの平均販売価格まで、さまざまなものが含まれます。

この18カ月間、自宅で多くの時間を過ごし、オンラインで仕事や買い物をする人が増えたため、生成されるデータの量は激的に増えました。その結果、ソーシャルネットワークのデータ、オンラインショッピング、データ閲覧が増え、いずれも経済回復状況の追跡と予測に役立っています。

最近新聞の見出しを飾ったオルタナティブ・データ指標の1つは、スマートフォンからの地理的位置情報です。このデータによって、人々が家にとどまっているのか、近所を歩き回り始めているのか、それともほぼ通常の往来パターンに戻っているのかがわかります。その情報を基に、地域、近隣地区、あるいは店舗を特定して客足を推定できるのです。

公共交通機関の動きや空港セキュリティチェックポイントでの旅客数など、別のタイプの移動データは、交通量の予測に利用できます。オフィスビルへの電子アクセスは商業不動産物件の稼動率を示し、レストラン情報とオンライン予約のサイト「OpenTable」での予約数や消費者態度データはサービス業界の動向把握に役立ちます。

UPSの4-6月期決算では、EPSと売上高がブローカー予想を上回りました。通常、決算が予想を上回れば株価が上昇します(業績予想は株価に織り込まれているため、実績が予想を上回れば株価が上昇)。しかし、UPS株は業績発表当日に7%下落し、過去9カ月間で最大の下落となりました。これは、平均日次小包取扱量などの非伝統型指標/重要業績評価指標(KPI)が予想を下回ったためです。これらの指標は企業の業績を推進し、その全貌を伝える実際の数値です。

小包取扱量の減少は、同社株をそれまで押し上げてきたパンデミック絡みの需要が鈍化していることを示すものと投資家は解釈した。

ブルームバーグのアドバンテージ

非伝統的なオルタナティブ・データを用いたワークフローの改善という点では、ブルームバーグの幅広い分析能力が他をリードする役に立ちます。

ブルームバーグは常に成長と改善を続けています。業界での確固たる地位と専門分野を誇るブルームバーグは、お客さまの競争力維持に役立つ分析構築能力とリソースを提供できます。

「これまでアクセスが難しかった、雑然とした非構造化データでも画面上でアクセス可能にできます。それをすべて1つのコンセンサス値にまとめることもできます」と、Gordonは言います。

ブルームバーグは他社が見落としがちな項目でも捉えることができます。売上高、純利益、収益、EBITDA(利払い・税金・ 減価償却・償却控除前利益)など、通常の財務データだけでなく、スマートフォンや電気自動車の販売台数、平均販売価格、事業部門・ブランド・国・地域別の実績など、きめ細かいデータも把握しています。企業から報告されたデータを取り込み、予想値と比較します。

ブルームバーグ ターミナルのユーザーは、企業財務(MODL)機能を使って3000銘柄以上の詳細な企業プロフィールにアクセスできます。

MODLは地域別にすべての報告データを提供。

MODLは、詳細な開示情報にアナリスト予測とモデルを組み合わせた機能です。ネットフリックスのような企業の場合、MODLでは、各地域における有料加入者数と加入者1人当りの平均収入について、すべての報告実績データ、ブローカー予想、ブルームバーグ予想を提供します。

ブルームバーグは実績と予想値を並べ、決算発表前にアナリストが過去実績に対する予想を容易に可視化できるようにします。決算が発表されると、更新データにより数分以内に何が予想を上回り、何が下回ったかを特定します。

投資戦略を評価

ブルームバーグのBQuantは、データ管理と投資戦略評価に役立つインタラクティブな開発ツールです。このツールを使うことで、リサーチを構築・テスト・共有できます。これは、ブルームバーグの豊富なデータユニバースに、クオンツ分析ライブラリと共有可能でインタラクティブなビジュアル化ライブラリを持った分析能力を組み合わせたものです。ユーザーはファクター分析を含むクオンツリサーチ用にデータを操作・分析し、インタラクティブなビジュアル化を通じて結果を共有できます。

アナリストはデータの取得先を問わず、常に最新情報を把握できるよう、タイムリーに関連情報を提供してくれるベンダーを確保すべきでしょう。ブルームバーグの幅広いデータと分析ツールは、アナリストやポートフォリオマネジャーが差別化を図り、いち早く投資判断を下すために役立ちます。差別化されたデータを活用することで競争力を高めるサポートとなるMODLやBQuant、その他ブルームバーグのソリューションに関する詳細をご希望の方は、ブルームバーグのツールの無料デモをリクエストしてください。