ESGスコアの透明性、算出法、一貫性

Read the English version published on December 16, 2021.

ブルームバーグ・サステナブル・ファイナンス・ソリューション部門グローバルヘッドのPatricia Torresが、視野の拡大と革新、ダイバーシティについてShanny Basarに語ります。

ブルームバーグのサステナブル・ファイナンス・ソリューション部門グローバルヘッドのPatricia Torresは女性に対し、新たな機会を受け入れる必要があると常に説いています。例えば、元上司にブラジルからロンドンへ異動し、現在の職務を引き受けるよう要請された時、彼女はそれが自分の人生や人間的成長に与える影響がこれほどまでとは思ってもみなかったそうです。

「最初は断ったのですが説得され続け、最終的に納得しました。自分を信じられなくても、誰かが自分を信じてくれているとわかっている必要があります」とTorresは言います。

その信念が報われ、今では最も包括的でユニークなESG(環境・社会・ガバナンス)データや分析、リサーチ、インデックスを金融コミュニティに提供することに注力するチームを統括しています。

「ブルームバーグにログインしたとき、必要なESGデータがすべて表示されていて、合理的な意思決定ができるようにしています」ともTorresは述べています。

ブルームバーグは、企業報告からの有力なデータだけでなく、MSCIやサステナリティクス社など提供社からのサードパーティESGデータも掲載しています。10月には、ブルームバーグ ターミナルでサステナリティクス社のESGリサーチとレーティングの提供を開始しました。また、企業の不祥事や違反に関するサステナリティクス社の調査「コントラバーシー・リサーチ(Controversies Research)」のレポートやデータも、約1万8000社を対象にブルームバーグ ターミナルに追加されました。

サステナリティクス社のESGプロダクト戦略部門のエグゼクティブ・ディレクターを務めるShila Wattamwarは、声明で次のように述べています。「当社は、ESGに関する重要課題に焦点を当て評価を行うことで、ブルームバーグ ターミナルの利用者の皆さまに対し、企業のESGリスクの将来的な見通しや、企業におけるリスクの管理状況を示す指標を提供しています」

Torresは、自分の役割において何かに依存することなく、顧客が望み、必要とするデータをブルームバーグ ターミナルで利用できるようにしたいと語ります。

「ですから、お客さまがサステナリティクス社をご希望であれば、同社のデータセットをターミナルで提供するつもりです。私たちの部門は、サードパーティのコンテンツから合計1000近くのデータポイントを提供しているのですが、これは私のビジネスプランにおける大きな戦略の一部となっています」

独自のデータ

サードパーティデータの提供に加え、ブルームバーグはブルームバーグ・インテリジェンス(BI)とブルームバーグNEF(BNEF)から700名を超えるリサーチアナリストを動員してユニークな独自スコアを作成しています。多数のデータアナリストで構成される大規模なチームがCSR報告書に目を通し、データを収集し、それが比較可能で、少なくとも事業の80%、労働力の80%を示していることを確認しています。ブルームバーグは、世界の株式時価総額の88%に相当する約1万2000社をカバーします。

「ブルームバーグでは、環境(E)、社会(S)、ガバナンス(G)のカテゴリーに分類し、業界固有の重要性を加味してスコアを付け始めました。これはユニークな試みだと思います」

スコアの算出根拠に関する透明性を高めるため、ブルームバーグは重要度マップと算出法を提供し、すべてのデータの出所を追跡できるようにしています。これらのスコアを通じて、企業の開示データに基づき、業績を評価できます。ここで重要なのは、予想データに対する開示データの比率です。

Torresによれば、規制当局、NGO(非営利団体)、投資家など各マーケットプレーヤーのESG意識が高まり、互いに切磋琢磨することで開示状況は改善傾向にあるとのことです。

「しかし、S&P500企業のうち、2020年度の温室効果ガス排出量合計を開示した企業は60%にすぎません。気候変動の重要性は誰もが認識しているので、科学者たちから意見を聞きました。最近ではCOP26(気候変動枠組条約第26回締約国会議)も開かれましたし、市場でデータの欠落を埋めることが非常に重要なのです」ともTorresは述べています。

データの欠落を埋めるためには、企業が年次報告書とともにESGデータを簡単に開示できるようにする必要があるとTorresは考え、「なぜいまだに企業が財務データ発表から3カ月、6カ月、あるいは9カ月後にESGデータを開示することを許しているのでしょうか?」と疑問を呈します。

さらに、開示は適時かつ正確に行われ、サードパーティまたは内部監査チームにより検証される必要があります。Torresは「不正確な数値を出している人が一体どれだけいるでしょう?」とも問いかけます。

CSR報告書は400-500ページに上る非構造化データを含むこともあるため、データに一貫性があり、機械で読み取れることも重要です。「データへのアクセスをより簡単かつシームレスにする必要があるのですが、今はそれが実現していないため、ブルームバーグはその点で積極的に活動しています」とTorresは述べます。

グリーンウォッシング(うわべだけ環境に配慮しているかのように取り繕うこと)対策として、ブルームバーグはEUタクソノミーやサステナブルファイナンス開示規則(SFDR)など、具体的な枠組みに立ち返っています。ブルームバーグは、タクソノミー適合性に関する4段階のデューデリジェンス・プロセスを自動化するデータソリューションのほか、1万2000社近い企業のESGデータへのSFDRの主要な悪影響(Principal Adverse Impact: PAI)要件のマッピングなど、グリーンウォッシング対策に役立つ分析を提供しています。

「私たちはまた、パリ協定に沿ったインデックスも発表予定で、これにより企業は自社のサステナブル資金をサステナブル指標に従って評価できるようになります。グリーンウォッシングを避けるためには、市場ツールと有力なデータを提供する必要があるのです」

キャリア

Torresは2001年にブルームバーグを目にしたとき、業界で最も革新的なフィンテック企業で、バイサイドとセルサイドのすべての顧客にとって中核的な存在だと思ったそうですが、その考えは今も変わらないと説明しました。

「さらに、マイク・ブルームバーグは社会貢献活動に熱心なビジネスリーダーであるだけでなく、成功を収めた政治家でもあります。彼はこれまで気候変動対策に10億ドルを寄付し、170カ国810都市で何百万人もの人々の生活を変えてきました」

Torreは、自分の成功は活力と向上心、そして情熱のおかげだと考えています。

「私はブルームバーグでの仕事に情熱を傾け、ESGに対して熱い思いを抱き、この業界だけでなく全世界によりサステナブルな未来をもたらすという、さらに大きな目標に向かって意欲的に取り組んでいます」

また、彼女のサクセスストーリーの背景には、さまざまな場所でいろいろな人たちと仕事してきたおかげで、常に学び続けることができたこともあります。Torresはポルトガル出身ですが、中南米やロンドンで勤務してきました。

「好奇心を持ち、常に学び続け、オープンであること、そして自分に自信を持つこと。周りの人たちが自分を信じてくれるのですから。女性は自分のことを卑下しがちですが、それはやめた方がいいです」と彼女は言います。

男女平等性を改善するには、金融業界が公平な昇進機会を徹底することはよい出発点であっても、それだけでは十分でなく、企業がすべてのリーダーに多様性の目標を達成する責任を負わせ、あらゆるレベルで女性の参画を促す包括的かつ支援的な企業文化を醸成するための実質的なインセンティブをリーダーに向けて打ち出して初めて、真の変革が実現すると彼女は考えています。

ブルームバーグは毎年、男女平等指数(GEI)を発表していますが、根強く残っている傾向はパイプラインの欠如です。

「一般的な従業員では女性の比率も非常に高いですが、昇進するにつれて女性の数が減ります。女性管理職の人数と、入社する人数には相関関係があるので、企業はパイプラインに投資し、収益を上げる役職の機会を提供する必要があります」とTorresは述べます。

2021年のブルームバーグ男女平等インデックスによると、データを開示した企業は過去最多で、開示内容の質も向上し続けていることがわかりました。平均すると、GEIメンバー企業の取締役会における女性の構成比率は29%、最高ダイバーシティ責任者もしくはダイバーシティ&インクルージョンを担当する役員を採用している企業は61%です。これらの企業では、女性営業職の比率は平均39%で、半数を超える52%の企業が管理職候補者リストに男女平等を義務付けています。

Torresは、金融サービス業界にとどまって多様性を推進するよう、女性たちに呼びかけています。

「女性の皆さんに言いたいのは、金融業界はあなたたちを必要としているということ。ぜひ、この業界で働き続けていただきたいです。次世代の人たちが私たちの活躍を見られるようにする必要があります。そうすることで、私たちみなが近い将来、もっと多様性に富む協議事項を支援できるでしょう」

採用にあたり、Torresは性別だけでなく年齢や民族などの多様性も考慮するそうです。

「今年は新たに5人採用しました。テーブルを見渡せばさまざまな民族の人たちがいて、男女比率も年齢層もバランスが取れているのは素晴らしいことです。多様性は業績のけん引役となるため、これは重要なことです」

この記事はShanny Basarが Best Executionのために執筆し、ブルームバーグのライセンスを受けたものです。

本稿は英文で発行された記事を翻訳したものです。英語の原文と翻訳内容に相違がある場合には原文が優先します。