プライシングと分析:ブルームバーグ、2022年度Risk Markets Technology Awardsを受賞

Read the English version published on February 17, 2022.

仕組商品の人気は高まる一方ですが、低利回り環境が続く中、エラーの余地はほとんどありません。企業は商品を差別化して、構造とペイオフ、原資産が顧客のリスク特性に適した商品を提供する必要があります。ブルームバーグのデリバティブ・ライブラリー(DLIB)は、仕組商品の取引と管理機能を一つに集約し、バイサイドにもセルサイドにも優れたストラクチャリング機能をお届けします。この高度に自動化されたホステッドアプリケーションは、最もエキゾチックな仕組商品も含めたあらゆる商品を対象とし、シナリオ分析、ストレステスト、担保管理、市場リスク、カウンターパーティリスク、信用リスク管理を提供します。

DLIBでは仕組商品の買い手と売り手が取引やポートフォリオ、アイデアをブルームバーグ ターミナル上で表示・共有し、バックテストを実行したり主要な用語を定義したりできます。さらにブルームバーグのペイオフ・スクリプト技術を使えば、高度にカスタマイズされたエキゾチックな商品でも、わずか数分でカバレッジを追加できます。また、バリア到達確率や期待クーポンなど、関連指標の算出にも利用できます。

DLIBは取引の全体を自動で管理するため、取引のライフサクルを通じてPRIIP(リテールや保険ベースのパッケージ型投資金融商品に関する規制)関連文書を作成し、PRIIP準拠をお手伝いします。DLIBはまた、ライフサイクルイベント、確率、シナリオ、バックテストなど取引の主要な側面を理解するのにも役立ちます。

DLIBにはブルームバーグのマルチアセット・リスクシステム(MARS)からアクセスが可能です。MARSは保険会社や年金基金などバイサイドのお客様にポートフォリオ関連の自動レポート作成や資産・負債の管理(ALM)ツールを提供する機能です。

DLIBの中核にあるのはブルームバーグのリアルタイムと過去のクロスアセット市場データで、そうしたデータは単独のフィードとして入手することも、あるいはデスクトップ分析およびリスクシステムに統合することも可能です。高度にカスタマイズされたエキゾチック商品でも、わずか数分でカバレッジを追加できます。

ユーザーは、評価のためにバニラ商品とエキゾチック商品の双方のプライシング・ライブラリーと統合済みの入力データにアクセスできます。ポジションと価格情報が他のすべてのブルームバーグ商品で利用可能なため、執行からリスク管理、バックオフィスまで一貫性を保つことができます。この統合機能によって、仕組商品もポートフォリオの観点から他のあらゆる金融商品とともに分析可能です。

2021年を通してブルームバーグは、教師なしクラスタリングなど機械学習テクノロジーを使って信頼性の低いデータソースを取り除き、市場データ分析をアップデートしてきました。ブルームバーグは、お客様が仕組商品も債券同様、簡単に管理できるようにすることを目的としてマッピング機能を拡張、債券の複雑な仕組債をDLIBにマッピングしました。また、LIBOR移行商品もアップデートを続け、DLIB機能を使ってRFR(リスク・フリー・レート)ベースの仕組債のプライシングにも対応できるようになりました。

審査員は以下のように述べています。

  • 「ブルームバーグのデリバティブ・ライブラリーは高度にカスタマイズされたエキゾチック商品でも、わずか数分でカバレッジを追加できる」
  • 「異なるシステム間でデータと分析を統合することで、仕組商品を広範なポートフォリオの一部として分析可能」
ブルームバーグの仕組商品およびデリバティブプライシング統括、Abdessamad Khaled
ブルームバーグの仕組商品およびデリバティブプライシング統括、Abdessamad Khaled

ブルームバーグの仕組商品とデリバティブプライシング統括、Abdessamad Khaledは次のように述べています:

「ブルームバーグの目標は、仕組商品であっても債券のように簡単に取引できるようにすることです。当社は、コスト効率と容易なアクセスが重要であることを理解しています。当社の自動化ソリューションはお客様の商品へのアクセスを容易にし、それに費やす時間とコストを軽減します。仕組商品向けにブルームバーグが提供する自動化ワークフローソリューションは、当社が提供するリスク管理商品の重要な一角を占めているのです。証券会社のお客様は、既にこうした機能を活用して仕組商品のカバレッジを拡大し、バイサイドからの高まる需要に応えています。このテクノロジーは革新をもたらし、今までみられなかったほど短期間で新商品を市場に投入することを可能にしているのです。」

本稿はRisk.netより転載しています。

本稿は英文で発行された記事を翻訳したものです。英語の原文と翻訳内容に相違がある場合には原文が優先します。