日本株に投資しているなら、ツイッター・レーダーで「殿様イナゴ」を見逃すな

日本の個人投資家が、インド資産を狙っています。インドの通貨が安定していること、債券利回りがアジアで最高水準にあることを魅力と感じているためです。

背景

東京証券取引所はこの数年間、PTS(私設取引所)に流れていた取引を呼び戻すために規制緩和を進めてきた。それらの規制緩和には、ティックサイズの細分化、空売り規制、信用取引規制の緩和がある。

これらの規制緩和により、デイトレーダーは日中の値動きから利益を得ることがより簡単になり、その他のマーケットがどのように動くかを早読みしようとする投資家を先導してきた。

個人投資家は「殿様イナゴ」と呼ばれる著名なデイトレーダーの売買に追随すべく彼らのツイッターをフォローしている。最も多くフォローされたツイッターハンドルにはCIS(@cissan_9984、12万フォロワー)、岡三マン(@okasanman、10万1000フォロワー)、RING@FreelangeTrader(@xRINGx、6万フォロワー)、テスタ(@tesuta001、5万2000フォロワー)、そしてウルフ村田(村田美夏)(@muratamika2020、4万7000フォロワー)などがある。

問題

ブルームバーグの分析ツールには、彼らのツイートをモニターし、彼らが言及した銘柄の値動きとの関連を見るものがある。例えば、この分析ツールを使えば著名なデイトレーダー、村上直樹氏のツイートをビットコイン関連銘柄のリミックスポイントの値動きに相関があることがわかる。

その他、個別の銘柄に関するツイッターの投稿を追跡する分析ツールもある。

追跡

ブルームバーグの分析ツールを使って、「殿様イナゴ」の投稿と株価の値動きをモニターできる

この分析ツールについての詳細は、ここをクリックしてブルームバーグ営業担当者にデモをリクエストしてください。既存のユーザー様はでお問い合わせください。