機械学習に投資する簡単な方法

この記事は、ブルームバーグ・キャッシュ・エクイティーズ・アプリケーション・スペシャリストであるビクター・F・レオンが執筆し、フルバージョンはブルームバーグターミナル上のブルームバーグ・マーケッツ・スペシャル・レポート プライベート・エクイティに最初に掲載されました。

背景 
人口知能は何十年もの間、単なるサイエンス・フィクションの世界のものでしたが、次第に私たちの日常生活におけるサイエンス・ファクト (科学的事実) になりつつあります。IBMのワトソンは数年前に「ジョパディ!」というクイズ番組で人間を打ち負かしましたが、このような製品は、アマゾンのアレクサのようなエレクトロニック・ホーム・アシスタント、またアップルのシリやグーグル・アシスタントのようなスマートフォン向けサポートに取って代わられています。

AIと機械学習はまだ発展途上です。またテクノロジー業界の偉大な起業家であるイーロン・マスクらによれば、これらのテクノロジーが制御不能になることが懸念される現実的な根拠はあります。それでも現時点では、テクノロジー業界にとって世界中の政府と投資家の関心を引くには十分過ぎるほどです。またAIの経済への影響は、今後数年間、ますます大きくなる一方だと考えられています。

2017年1月から10月初めまでに、AIのM&Aは141件、合計23億9,000万ドルに達しました。これに対して2016年は89件で18億7,000万ドル、2015年は35件で3億7,180万ドルでした。

問題点

金融業界はAIを活用しているため、投資家はイノベーションのスピードに遅れないように、破壊的な潜在力を持つ新興企業を支援しているファンドを特定する必要があります。

例えば、ブルームバーグの分析によると、今年、金融業界における機械学習技術のパイオニアであるヘッジファンドのツー・シグマ・インベストメンツのディール件数はこの分野で他社を上回っており、10月初めの時点で39件でした。また同社の一部門であるツー・シグマ・ベンチャーでは、データ・サイエンス、機械学習、分散コンピューティング、AI、高度なハードウエア、および関連分野に特化した企業に投資しようとしています。

業界動向の追跡

ブルームバーグとすでにご契約の皆さまは、MA <GO> と入力して、AIおよび機械学習分野の企業(これらの技術を金融業界に応用している会社を含む)の動向を追跡することができます。