企業によるクリーンエネルギーの購入は2018年、前半ですでに記録的な量に到達

この記事は、カイル・ハリソンがブルームバーグ・NEF(BNEF)のために執筆し、ブルームバーグターミナルに最初に掲載されました。

ブルームバーグNEFの新しいリポートによると、2018年に7月時点で、企業によるクリーンエネルギーの購入はすでに全世界で7.2GWに達しており、これまでの最高記録であった2017年の通年購入量5.4GWを上回っています。現在、企業は28市場で太陽光と風力の長期購入契約を結んでおり、クリーンエネルギーの購入を進めている業界の数は増加し続けています。

成長を牽引するもの

多くのコーポレートサステナビリティプランは、排出量を削減あるいは内部で相殺する施策や、新しいクリーンエネルギープロジェクトの立ち上げを奨励する施策を推進しています。相互補完的なこの2つの目標は、企業の電力購入契約(PPA)を通じて実現されています。しかし、このような動きも、長期的なコスト削減の機会なしでは、現在のレベルには達し得なかったでしょう。最近発行されたBNEFのNew Energy Outlookによると、太陽光発電(PV)モジュールのコストは2010年以降、全世界で84%も下落しており、また風力発電タービンのコストも同じ期間で32%低下しています。

効率性向上により、再生可能エネルギープラントの稼働時間が増大、コストが低下したことで、電力の卸売価格や従来電源に対する再生可能エネルギーのコスト競争力が高まりました。その結果、卸売市場の激しい価格変動に対するヘッジとして、企業が固定価格のクリーンエネルギー長期購入契約を結ぶ、という方法が広まりました。これは、バーチャルPPAモデルとして知られており、現在も企業の最も一般的な電力調達メカニズムとなっています。

成長が顕著な地域

米国と北欧諸国が、2018年のこのような企業の電力調達方式の80%弱を占めてきました。米国では、企業のバーチャルPPAモデルに対する安心感が増しており、このモデルがいくつかのプロジェクトでオフテイカー(引き取り手)の役割を果たしています。しかし、比較的小規模な企業も、より大規模な太陽光/風力発電プロジェクトを通じて達成される規模の経済の恩恵にあずかるために、徐々に電力需要を共同でプールし始めています(これはアグリゲーションと呼ばれています)。

北欧諸国は電力需要とサステナビリティ目標が高い事業法人が多い市場であり、企業は強力な風力資源と完全に自由化された電力取引市場であるに大きな魅力を感じています。この市場によって、スウェーデンとノルウェーの間では電力の売買や融通が可能となっています。オーストラリアとメキシコは、引き続き初期段階の市場となっており、高価な卸売電力価格と強力な再生可能エネルギー源のために、このような動きが勢いを増しつつあります。

市場をリードするのはハイテク企業

テクノロジー産業が、クリーンエネルギーの最大の買い手であり、2018年に入ってから現在までに1.8GWを購入しています。Facebookは今年最大の購入企業となっており、米国では規制公益企業と連携し、またノルウェーでは風力PPAの契約を締結したことで、同社の2018年のクリーンエネルギーの合計購入量は1.1GWに達しています。素材企業がそのすぐ後を追っており、2018年の購入量は1.4GWです。この動きは、北欧のアルミニウム製造企業であるNorsk HydroとAlcoaの施策から生じており、両社は、一部の市場で、低炭素認定を利用してアルミニウムを割高の価格で販売しています。

最近のクリーンエネルギー購入圧力の高まりの中で、AT&Tは、これまで通信業界の先頭に立ってきました。同社は、2018年に820MWの風力発電能力を購入、同社初の再生可能エネルギー購入となりました。また、T-Mobileも、2018年に同社2番目のクリーンエネルギーPPAを締結したことを発表しており、また再生可能エネルギーの比率を100%にすると公約しました。

今後、期待できること

BNEFの予測では、現在140社となっているRE100(電力需要の100%を再生可能エネルギーで賄うという公約)の加盟企業が目標に到達するためには、2030年の時点でさらに197TWhのクリーンエネルギーを購入する必要が生じるとしています。新しい太陽光/風力プロジェクトの長期契約によって不足分が満たされると仮定すれば、現在のカリフォルニア州の電力供給網全体を若干上回る100GW規模の設備増強を生み出すことになります。

一方、RE100に加盟する企業の数は増加し続けています。再生可能エネルギーの目標を設定する多国籍企業が増えるにつれて、企業が世界中の電力市場の構成に及ぼす影響は拡大し、結果として、クリーンエネルギーを購入する新しい手段が開発されるとBNEFでは予想しています。

ブルームバーグターミナルをご契約のお客さまは、BNEF<GO>と入力することで、BNEFの電力市場に関するプレミアムリサーチと分析にアクセスできるようになりました。このリサーチと分析では、政策やテクノロジー開発、サプライチェーン、国と企業のデータ、長期予測など、幅広いテーマを網羅しています。