商品、輸送セクターの年間利益予想:下方修正は30%以上か

100年間で最も急激になると予想される新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が引き起こした景気不振に直面する上場企業各社。ブルームバーグ・クエリー・ランゲージを使用すると、業績のアナリスト予測が特定の期間にどう修正されたかを追跡調査し、特に強い打撃を受けたセクターを素早く把握できます。

データ&テックオペレーション

ウイルス対策で分析能力を発揮するウォール街のクオンツアナリスト

いまやウォール街の誰もが在宅アマチュア疫学者となっているかのようです。なかでも、さまざまなクオンツアナリストがウイルス分析をまったく新しい段階に引き上げようとしています。ヘッジファンドマネジャー、金融市場の学者、そしてリスクの専門家らがデータマイニングの知恵を臨床科学に適用し、この100年に1度のパンデミック(世界的大流行)の行方を予想しようとしています。

データ&テックオペレーション

新型コロナ収束後、待つのはインフレレジームへのシフトか

新型コロナウイルスによるパンデミックの収束後に待つ世界はインフレレジームへのシフトかもしれない。資産価格は⾜元をすくわれ、S&P500種株価指数の中ではエネルギー株が恩恵を受け、ハイテク株は打撃を受ける可能性がある。グローバル化に⻭⽌めをかけるような貿易政策やサプライチェーンの分断はインフレにつながり、その傾向は⼤統領選挙によって加速することも考えられる。

投資&トレーディング

コロナ感染拡大下、ESG投資で債券ポートフォリオの損失を抑制

詳細な分析の結果、高ESG格付け(特にガバナンス)が、少ないながらもメリットをもたらすことが分かりました。

データ&テックオペレーション

LIBOR移行をめぐり企業と規制当局が対決の舞台へ

多くの企業は一世代に一度あるかないかのパンデミック(世界的大流行)に見舞われ、今年は何兆ドルもの融資、債券、デリバティブの基準となっている参照金利を移行することに、すでに見切りを付けているとしています。

リスク・規制

コロナからの回復はいつか: 過去リセッションとの比較

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的⼤流⾏)による経済・⾦融への打撃から回復するには3年ほどかかるとブルームバーグ・インテリジェンス(BI)ではみている。新型コロナの抑え込みの状況は地域によってばらつきがあり、今後流⾏の第⼆波が訪れる可能性も考えられる。その⼀⽅で失業率は既に、戦争下ではない平時に起きた過去のすべてのリセッション(景気後退)を上回る⽔準にある。企業のバランスシートの修復にも今まで以上の時間を要する公算が⼤きい。

日本経済:過去最大の刺激策でも景気後退は不可避

日本政府は4月7日、過去最大の108兆円規模の財政刺激策が打ち出したが、これは新型コロナウイルスの影響で見込まれる厳しい景気縮小を軽減するにとどまると見ている。

投資&トレーディング

オルタナティブデータ、投資利用の現状

グローバルな経済や政治の状況を把握するために数多くの投資家がこれまで読んできたのは、企業のSEC提出資料や政府統計資料でした。しかし今では多くの投資家が、公式統計を補完する材料として従来とは異なる情報、オルタナティブ・データに目を向けています。

データ&テックオペレーション

LIBOR急落で6700億ドルCLO市場に大混乱リスク

金利の急激な低下がローン担保証券(CLO)市場に混乱を引き起こしており、最終的にはCLOのステークホルダー間の対立につながる可能性があると専門家は見ています。問題の一番の原因はロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の急落です。

リスク・規制