天然ガス先物市場の動きに反転の兆し

Read the English version published on October 8, 2021.

この分析はブルームバーグNEF(BNEF)によるもので、ブルームバーグ ターミナルに最初に掲載されました。

通常、市場では実勢スポット価格よりも長期的なガス価格が高くなると予測されてきました。そうした傾向は、以下のBNEFのチャートに示される過去のフォワードカーブとスポット価格からも明らかです。しかし、足元の市場動向では、先物価格の動きに変化が見られ始めています。今ではフォワードカーブが実勢スポット価格のカーブを下回り、ヒストリカル・トレンドに反転の兆しが見えます。現在、天然ガス市場は変動が激しく、需給がひっ迫しているにもかかわらず、フォワードカーブはこの先、価格の急落が予想されていると示しています。

BNEFの最新予想では、2022年夏の終わりまでに米国の在庫が通常を下回る確率は73%です。そうなれば、直近のフォワードカーブが示す予想とは反対に、米国はこの冬、深刻な天然ガス不足に直面する可能性があります。

ブルームバーグの主要なリサーチサービスであるブルームバーグNEF(BNEF)は、クリーンエネルギー、先進輸送技術、デジタル産業、革新的な素材、コモディティなどを対象としており、企業の戦略、財務、方針の専門家がそれぞれ変化に対応し、機会を生み出すための支援を提供しています。その他のコンテンツはBNEFブログをご覧ください。