ブルームバーグのサーバーAPIについて知っておきたいこと

Read the English version published on November 4, 2021.

金融業界では昨今、さまざまな業務を行うための統合プラットフォームがこれまで以上に重要となってきている中で、取引・注文管理やリスク、コンプライアンス、ポートフォリオ運用、分析といった目的にかかわらず、お客さまの会社でお使いの自社開発や第三者開発のアプリケーションにブルームバーグのデータを取り込むことに対する関心が高まりつつあります。

ブルームバーグのサーバーAPI(SAPI)では、リアルタイムの市場データや過去データ、主要な参照データのほか、各種計算ツールをご利用になれます。お客さまの会社でお使いの自社開発や第三者開発のサーバーアプリケーションとブルームバーグのデータを統合することで、ブルームバーグはデータセットの効果的な管理を可能にするソリューションを提供しております。Excelと市場データ・フィードとの中間に位置するようなソリューションをお探しのお客さまには、SAPIは実務的なソリューションとしてご活用いただけます。

データの一貫性

通常、複数のデータソースから1つのアプリケーションにデータをフィードすると、不整合が生じることがありますが、SAPIでは、ブルームバーグ ターミナル上のデータと同じものがアプリケーションにフィードされます。そのため、ワークフローを複雑にしかねない不一致性の問題を軽減できます。

「お客さまが最も回避すべきと考えるのは、注文管理システムでの数値の不一致でしょう。照合に時間がかかるほど、取引を決済できずに生じる損失額が増えてしまうからです」と、ブルームバーグのリアルタイム・プロダクト・スペシャリスト&プリセールス・エンジニア、Stephanie Davis氏は説明しています。

SAPIを使えば、注文管理やリスク測定、ポートフォリオ分析であれ、世界の各市場を一目で確認することが、ブルームバーグ ターミナルの内外問わずに可能になります。

ブルームバーグ・データの広範性と詳細性

ブルームバーグのデータは、あらゆるアセットクラスにわたる全世界の市場で指標として活用されています。特定の市場や地域に強みを持つデータ提供社は他にもあるかもしれませんが、その場合、特定分野以外のデータに関しては別の提供社によるデータを使用しなければならない可能性があります。複数の情報提供社からのデータをすると、データの取り込み方法やクリーンアップ方法に一貫性が伴わない場合があります。

「ブルームバーグには40年以上の歴史があります。創業以来私たちは世界各地の市場動向を世界有数の市場データへと変換するためのインフラを構築し、ナレッジベースを開発してきました」と、ブルームバーグのリアルタイム・テクノロジー・セールス・スペシャリスト、Jeffrey Buhrman氏は述べています。

SAPIでは、ブルームバーグ ターミナルで既にアクセス可能なデータを活用できるため、データ・ライセンス契約を別途締結する必要もありません。ブルームバーグ ターミナルに関する現行のご契約に基づくアクセス権が反映されます。また、ブルームバーグのツールキットで簡単にアクセス権を設定できるため、組織内におけるデータの配信も制御できます。

統合を検討されているデータ量にかかわらず、ブルームバーグではお客さまに最適なソリューションを提供させていただきます。SAPIを活用することで、必要なデータを簡単にカスタマイズできます。SAPIのサービスは4階層で構成されています。そのため、お客さまはフィードをカスタマイズして、ユーザー1人当たりの手数料が発生しない、シンプルな手数料体系でご利用いただけます。

SAPIの実装は簡単

SAPIは数分で実装が完了する軽量なソフトウエアで、かつC言語やC++言語、.NET言語(C#、VB.NET)、.COM、Python、Javaなどさまざまなプログラミング言語に対応しているため、ダウンストリームのサーバーアプリケーションとも素早く統合できます。

SAPIから取得するデータはすべて、唯一の標準言語であるBLP APIを用いてリクエストされます。別のデータ提供社であれば、特に複数のデータ提供社を使う際は、複数の言語が必要になるかもしれません。APIという唯一の言語を使うことで、SAPIのフィードを第三者開発システムや社内開発アプリケーションに統合する各社技術担当者さまの作業も簡単に効率良く行うことができます。

ブルームバーグ・サーバーAPIに関する詳細につきましては、デモをリクエストしてください。

本稿は英文で発行された記事を翻訳したものです。英語の原文と翻訳内容に相違がある場合には原文が優先します。