コミットメント

ブルームバーグTokyo LGBT & Ally Communityは、レスビアン、ゲイ、バイセクシャル、 トランスジェンダーの社員にとって安全で、心地良く、自分らしく仕事ができる職場を作ることを目的として発足しました。社員一人ひとりの個性を尊重し、LGBT & Alliesの認知度と理解を高めることを目指し、幅広い部署から集まった有志の社員によって、さまざまな活動が行われています。

例えば、会社でカミングアウトした社員が職場での経験やアライの社員がアライになった理由といった情報共有を中心としたパネルディスカッションをはじめ、管理職のためのアライトレーニング、トランスジェンダーの方への理解を深めるためのドキュメンタリー上映会など、さまざまなイベントやセミナーを企画運営しています。

Tokyo LGBT and Ally Communityの活動

VISA社と共催で「Power of Out 2020」パネルディスカッション開催
イベント詳細はこちらから

ダイバーシティキャリアフォーラム「RAINBOW CROSSING TOKYO 2019」への参加
ブルームバーグLGBT & Ally Communityは、日本初のダイバーシティに関するキャリアフォーラム「RAINBOW CROSSING TOKYO 2019」に参加。コミュニティから計8名の当事者とアライが登壇し、それぞれの立場からダイバーシティの取り組みに強い関心を持つ参加者に自身の思いを語りました。
イベント詳細はこちらから

日本最大級のLGBTイベント「東京レインボープライド2019」(TRP2019)に参加
イベント詳細はこちらから

「カミングアウト」するということはどういうことだったのか – 「Power of Out」イベント開催
イベント詳細はこちらから