ブルームバーグ L.P.
在日代表 石橋 邦裕

Kuni Ishibashi

ブルームバーグの企業理念はいたってシンプルです。
“To change the world for the better.” ”世界をより良く変えていくこと”です。

 

この理念は1981年に創業者のマイケル・ブルームバーグが3人のパートナーとニューヨークのワンルーム・オフィスで事業を立ち上げたときから、いまに引き継がれています。

インターネットが存在せず、タイムリーにデータを得ることが困難だった時代に、テクノロジーの力を活用し、意思決定者の皆様をつなげ、「誰もが同じデータを同じタイミングで見ることができる」世界を実現。ダイナミックで公正なグローバル市場の構築に貢献しました。

今日、ブルームバーグは世界的に影響のある革新的な企業として1万9000人以上の従業員が世界73か国・192の拠点で日々、数々のイノベーションを生み出しています。そして32万5000人以上のビジネスエグゼクティブ、デシジョンメーカー、投資会社、事業法人、商業銀行、中央銀行、政府、そして教育機関の皆様の意思決定プロセスをサポートしています。

ブルームバーグにおいて、利益と持続性、社会貢献は同時に達成可能なものです。
私たちの仕事の成果はブルームバーグフィランソロピーズを通じて世界をより良くすることに役立っています。お客様、コミュニティ、そして地球にとって良いこと、正しいことをすることが、私たちにとって非常に重要なことです。ブルームバーグは情報のパワーを最大限に活用し、皆様がより良い未来に備え、前進していくためのご支援をいたします。

ブルームバーグ L.P.
在日代表 石橋 邦裕


略歴

2000年端末営業としてブルームバーグに入社。主に外資系金融機関を担当。2005年にデータライセンス営業としてブルームバーグ公社債基準価格(BBYF)を日本市場に浸透させる。 その後、端末営業のチームリーダーとして、バイサイド、政府系金融機関、新規ビジネスなどを手掛け、2006年営業マネージャーとして、日本市場に対応した製品開発、市場開拓、人材育成、顧客サービスなどあらゆる面で日本独自のビジネス戦略を実行する。 2009年ロンドンオフィス営業マネージャーとして英国全域のビジネスを担当する。2011年より日本アナリティクスマネージャー、2012年アジア地域アナリティクスマネージャーを歴任し、アジア太平洋地域のアナリティクス部門顧客サービスのレベルを押し上げることに貢献する。

2013年9月より現職。営業統括マネージャーとして日本全域の営業推進を担当する。 2012年8月より東京オフィスの責任者として在日代表を務めている。また、アジア太平洋地域のダイバーシティ&インクルージョン・エグゼクティブ・スポンサーとして職場における多様性向上に積極的に取り組んでいる。

メディア掲載

2016年6月4日掲載:「中日新聞
弊社在日代表 石橋邦裕のインタビュー記事を掲載。投資先の企業成長を見極める新しい尺度として、ESG情報についてコメントしています。

2016年3月号掲載:「The Journal」ACCJ発行(英文雑誌)
弊社在日代表 石橋邦裕のインタビュー記事を掲載。投資家からのニーズが高まるESGについて、その重要性を説いています。
全文を読みたい方はこちらから

2015年12月22日掲載:「西日本新聞」朝刊弊社在日代表 石橋邦裕の紹介記事を掲載。地域金融機関の最近のトレンドや今話題のフィンテックについてもコメントしています。

2015年7月17日掲載:「日経ビジネスオンライン」
弊社在日代表 石橋邦裕のインタビュー記事を掲載。6月末にピークを迎えた株主総会を受けて、ダイバーシティ推進機運の高まりと株主目線についてコメントしています。

2015年7月6日掲載:「週刊金融財政事情」
弊社在日代表 石橋邦裕の寄稿記事を論考・解説欄に掲載。<「コード」導入で外国人投資家の注目も高まる日本のコーポレートガバナンス>と題して、独立・女性取締役の導入状況の分析などを紹介。グローバルなESG投資のトレンドについても言及しています。

2015年6月19日掲載:「朝日新聞」
弊社在日代表 石橋邦裕のインタビュー記事を掲載。地方都市経済の発展が大きな課題となる今、地域金融機関の役割と今後の動向についてコメントしています。

2015年2月4日掲載:経済・金融情報サイト「ZUU Online」
弊社在日代表 石橋邦裕のインタビュー記事を掲載。ブルームバーグがどういった使命感のもと、進化するお客様のニーズを捉え、新たな価値をご提供しているかについて、産業別のデータ、分析、知見を提供するブルームバーグ・インテリジェンス(BI)や関心の高まるエネルギー分野の情報を提供するブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス(BNEF)を例に挙げています。