2018年戌年日本株、干支ベースでは勝ちが期待できそう

データによれば、日経平均が前年高値を更新する場面が必ずあったのは戌年だけ、という。

トレーディング/投資

MiFID2店頭デリバティブ・債券取引急減も-電子取引などに移行

欧州連合(EU)の金融・資本市場の包括的な規制、第2次金融商品市場指令(MiFID2)の来年1月3日の施行に伴い、債券とデリバティブ(金融派生商品)の取引は電子トレーディングなどの取引プラットフォームに大量かつ急速に移行する見込み。

トレーディング/投資

金融大緩和時代は終焉へ~今、グローバル市場が試されるとき~

量的緩和によるマネーが洪水のように市場に流れ込んだ10年に別れを告げ、来年、世界の主要中央銀行はようやくその蛇口を閉める動きに向かいそうだ。

トレーディング/投資

社会問題解決を目指す投資

金銭的リターン以上のものがあるー社会的インパクト投資が指数関数的な成長を遂げている理由は明快です。しかしそこには当然課題もあります。

トレーディング/投資

【端末活用術】GPIF開始のESG投資、情報開示=高リターン

環境・社会・ガバナンス(ESG)についてデータを最も多く開示している日本の企業は、過去1年間や3年間の投資リターンが他の企業に比べ高くなる傾向があることが分かった。

トレーディング/投資

サステナブル投資: 戦略から実行へ

近年、サステナブル投資に配分される世界の資産額は急増し、環境・社会・ガバナンスの要素を投資分析や株主エンゲージメントに取り入れる動きが加速しています。こうした機運を踏まえると、多くのファミリーオフィスが独自のサステナブル投資戦略を採用することに意欲的なのも理解できます。

トレーディング/投資

日本株に投資しているなら、ツイッター・レーダーで「殿様イナゴ」を見逃すな

これらの規制緩和により、デイトレーダーは日中の値動きから利益を得ることがより簡単になり、その他のマーケットがどのように動くかを早読みしようとする投資家を先導してきた。

トレーディング/投資

日本の個人投資家が目を付けているのはインド-果敢な利回り追求

日本の個人投資家は世界で最も果敢な利回りハンターだが、今、目を付けているのはインド資産だ。ルピーの為替相場が安定していることと債券利回りがアジアで最高水準にあることが魅力と映る。

トレーディング/投資

ビットコインは今や魅力薄、本命はブロックチェーン-

取引の検証と記録に用いるビットコインの中核技術であるブロックチェーンは、世界の金融システムと他の産業を変える可能性を秘めていると考えられている。

特集