【端末活用術】GPIF開始のESG投資、情報開示=高リターン

環境・社会・ガバナンス(ESG)についてデータを最も多く開示している日本の企業は、過去1年間や3年間の投資リターンが他の企業に比べ高くなる傾向があることが分かった。

トレーディング/投資

グリーンの色合いを競う ― アジアで最も好成績の環境配慮型ファンドはどこか?

金銭的な利益を生み出すだけでなく、世界に対して純粋に望ましい効果をもたらす投資、という構想は、すでにニッチ商品という枠から完全に脱却し、無視することのできないグローバルな動きになっています。

トレーディング/投資

サステナブル投資: 戦略から実行へ

近年、サステナブル投資に配分される世界の資産額は急増し、環境・社会・ガバナンスの要素を投資分析や株主エンゲージメントに取り入れる動きが加速しています。こうした機運を踏まえると、多くのファミリーオフィスが独自のサステナブル投資戦略を採用することに意欲的なのも理解できます。

トレーディング/投資

日本株に投資しているなら、ツイッター・レーダーで「殿様イナゴ」を見逃すな

これらの規制緩和により、デイトレーダーは日中の値動きから利益を得ることがより簡単になり、その他のマーケットがどのように動くかを早読みしようとする投資家を先導してきた。

トレーディング/投資

日本の個人投資家が目を付けているのはインド-果敢な利回り追求

日本の個人投資家は世界で最も果敢な利回りハンターだが、今、目を付けているのはインド資産だ。ルピーの為替相場が安定していることと債券利回りがアジアで最高水準にあることが魅力と映る。

トレーディング/投資

世界で急成長する風力発電、トランプ米大統領の反対でも

風力発電の成長率は、各種エネルギー形態の中で最も高い。おそらくそれよりも重要なことに、次世代の風力タービンの多くは、風力発電産業の成長に役立ってきた助成金が認められないとみられるものの、そもそも助成金が不要になるとみられる。風力エネルギーのコストは既にかなり低下しているため、今や世界の大半の国では、コストが最も低い新規電力源になっている。

企業

ヘッジファンド、「万物の支配者」から「悪者」に転落-

現在、投資家は手数料を引き下げなければ資金を引き揚げると、ヘッジファンドに圧力をかけている。16年には、金融危機後初めてファンドからの資金流出が流入を上回った。

トレーディング/投資

カジノに賭ける日本

カジノを含めた統合型リゾートの整備を政府に促す法律(IR推進法)が2016年12月に成立したが、まだ疑問点は多い。どこにカジノが建設され、全国で何カ所になるのか、どういった企業が経営するのかはっきりするのは、17年に関連法が整備されてからことになりそうだ。

トレーディング/投資

太陽光発電がコスト低下で躍進へ

太陽光発電設備の設置市場では中国が世界トップで、日本がそれに続く。インドは1600億ドル(約18兆1000億円)の太陽光発電プロジェクトという大きな夢を抱いている。

トレーディング/投資